【木下隆之のクルマ三昧】デトロイトショーで拍手喝采 レクサスのLCコンバーチブル、市販化は確定的 (1/3ページ)

 1月14日13時10分。北米デトロイトショーのレクサスブースはどよめきに包まれた。というのも、レクサスが発表した「LCコンバーチブル・コンセプト」が、思わず息を呑み見惚れてしまうような、美しい姿で登場したからである。

 焦らすように静かに回るターンテーブルのうえで、セクシースターが妖艶な姿態を披露すると、一旦はあたりが静まり返り、その後になってようやくフラッシュライトが激しく焚かれた。そして割れるような拍手が響いた。

レクサスのLCコンバーチブル・コンセプト

レクサスのLCコンバーチブル・コンセプト

 発売時期は未定だ。あくまでコンセプトモデルとしての発表だから、発売されるか否かの確証も得られなかった。だが、完成度は高い。いますぐにでも公道を走れるのではないかと思うほど細部の作りは整っている。

 高級ブランドには不可欠

 レクサスのラインナップからオープンスポーツが消えて久しい。かつてはスーパーGT選手権を制するまでした「SC」が絶版となり、「IS C」も静かに引退した。それからというもの、レクサスはプレミアムブランドとしての地位を確立したにも関わらず、ラインナップにオープンモデルを欠いてきたのだ。贅沢かつ高級なコンバーチブルがブランドにとって欠かせないことに気づかないはずもないレクサスが現状を放置しておくわけもないから、市販を前提に開発が進んでいるに違いない。

 そもそもクーペの開発時に、コンバーチブルを想定してあらかじめ対策を施していたというから、市販化は確定的だと考えていい。あとは市場のラブコール次第である。

ルーフは電動開閉式のソフトトップ