人手不足解消!スマイルリンクとPLEN Robotics、自動・キャッシュレス・オペレーション化第1弾を実施 ~IoT技術で会員制サービス施設の運営を自動化~

受付に導入されたAIアシスタント「PLEN Cube」
受付に導入されたAIアシスタント「PLEN Cube」【拡大】

 スマイルリンク株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:大林 万利子、以下 スマイルリンク)とPLEN Robotics株式会社(本社:大阪府大阪市北区、代表取締役社長:赤澤 夏郎、以下 PLEN Robotics)は、AIアシスタント「PLEN Cube」を用いて、IoT技術による会員制サービス施設の自動・キャッシュレス・オペレーション化に着手しました。画像・音声認識技術やインターネット経由の遠隔操作技術により、会員制サービス施設は近年社会課題となっている人手不足問題に対応できる他、営業時間の稼働や顧客行動のデータ化により、サービスメニューの充実が可能となります。今回の取り組みは自動・キャッシュレス・オペレーション化の第一歩であり、引き続き5月までに第2弾の取り組みを発表する予定です。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/176048/LL_img_176048_1.jpg
受付に導入されたAIアシスタント「PLEN Cube」

 IoT実用化研究会
http://u0u1.net/PMcZ

  今回、スマイルリンクが運営する会員制コワーキング&メイカースペース「おおたfab」にPLEN Roboticsが開発したAIアシスタント「PLEN Cube」を設置し、以下の内容で施設運営の一部を自動化します。この内容は1月30日に開催される「IoT実用化研究会」で一般公開され、継続的におおたfabで活用されるものです。PLEN Roboticsとスマイルリンクは、今後顔認識による会員登録や支払の自動化など、引き続き自動・キャッシュレス・オペレーション化の試みを続けていきます。

 ■自動・キャッシュレス・オペレーション化第1弾の内容
1. 画像認識を利用した会員の顔パスによる入退館手続き
2. 音声によるデジタル工作機械(3Dプリンタ)の操作
3. 音声による清掃用ロボットの操作

 ■AIアシスタント「PLEN Cube」について
「PLEN Cube」は、AI技術をアシスタント・サービスにするIoTデバイスです。
「PLEN Cube」は、一辺が約7.5cmの立方体で、手のひらに乗る小型サイズでありながら、カメラ、スピーカー、マイクの機能を有しています。さらに、フェイストラッキング、音声認識、などの最新テクノロジーを搭載。個人を顔で認識し、トラックするReal-time face tracking機能を使い、チェックイン、問診、会員カードやチケット、スタンプチェックなどの定型業務を「顔パス」に置き換え、サービス業の自動化、効率化に活躍するAIサービスのインターフェイスとなることを目指しています。

 【PLEN Robotics株式会社について】
PLEN Roboticsは、日本で10年以上にわたり小型ロボットを開発してきた株式会社プレンプロジェクトの経験を基に、これまでにない実用的で人々の生活を効率化させる家庭及び個人用のサービス・ロボットの開発を目指し、2017年7月に設立されました。
ロボットに関する要素技術が著しく進歩する中で、PLEN Roboticsでは「一家に一台のロボット」をさらに発展させ、「一人が一台のロボットを利用する」という、「パーソナル・アシスタント・ロボット」を世に送り出したいと考えています。

 <会社概要>
本社 : 〒531-0072 大阪府大阪市北区豊崎4-6-3 クレピス21 303号室
代表者: 代表取締役社長 赤澤 夏郎(CEO Natsuo Akazawa)
設立 : 2017年7月
URL : http://www.plenrobotics.com
事業 : サービス・ロボットの研究開発、製造、輸出輸入及び販売
ロボット用部品の研究開発、製造、輸出輸入及び販売

 下記のSNS専用ページにて、最新の情報を発信しています。
Instagram: https://www.instagram.com/plenrobotics/
Facebook : https://www.facebook.com/plenrobotics
Twitter : https://twitter.com/plenrobotics

 【スマイルリンク株式会社について】
スマイルリンクは2013年に日本製3Dプリンタを開発し、スマートフォンから操作可能な3Dプリンタ“Nt100”を販売中です。
3Dプリンタを開発した経験からツールを開発するだけでなく、その活用を実践することが重要であると考え、3Dプリンタ、レーザーカッター等をそろえた会員制コワーキング&メイカースペースの「おおたfab(FabLab)」を2015年に開設。会員数約50名。大田区のビジネスプランコンテストで最優秀賞に輝いたベンチャー等も複数在席活動中。コワーキングスペースも併設し、メンバーで展示会出展、出版活動や勉強会など様々な活動を行っています。

 <会社概要>
本社 : 東京都大田区西蒲田7-4-4 小山第二ビル6F
代表者: 代表取締役 大林 万利子
設立 : 2010年10月14日
URL : https://www.ota-fab.com/
事業 : 3Dプリンタの開発販売、会員制コワーキング&メイカースペースの運営、
コワーキングスペースの運営、コンサルティング事業、
デジタル機器他教室運営

 下記のSNS専用ページにて、最新の情報を発信しています。
Instagram: https://www.instagram.com/otafab_coworking_fablab/
Facebook : https://www.facebook.com/Happysmilelink/
Twitter : https://twitter.com/Ota_Fab

  本ニュースリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。