メーカー

百貨店、相次ぐ改装オープン 男性向けや訪日客対応 集客強化、ネット通販に対抗 (1/2ページ)

 百貨店各社が今春、相次いで主力店舗を改装オープンし集客力の底上げを図る。

 業界全体の総売上高はインターネット通販勢などの台頭も受け長期的に減少傾向にある。各社は改装により主力の女性向けに加え、男性向けも大幅に強化。訪日外国人客(インバウンド)への対応も同時に進めて、全方位のてこ入れで攻勢を仕掛ける。

 エイチ・ツー・オーリテイリングは14日、2011年の開業後、初の大型改装を終えた阪急メンズ東京(東京都千代田区)を公開した。約17億5000万円を投じた改装では、「ビンテージ」をテーマに古着や名品の復刻版など“大人の宝物”となりそうな商品をそろえたほかシューズ専門フロアも新設。「改装後1年間の売上高は25%増の約170億円を目指す」とした。

 三越伊勢丹ホールディングスも、伊勢丹新宿店メンズ館(新宿区)が15年ぶりの大規模改装を終え、16日にオープンする。パーソナルサービスの強化など改装効果で同館の19年度の売上高は17年度比1.6倍を見込む。

 両社が男性向けを強化するのは、主力の女性向けの販売がネット通販勢やショッピングセンターなどとの競合で伸び悩むためだ。株高による資産効果や起業の成功などで男性の高所得者が増加傾向にあり、改めて男性市場でシェア確保を目指す考えだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus