クルマ三昧

ハイパワーの新型BMW「330i」を320iの価格で手に入れる裏技 (1/3ページ)

木下隆之

 新型BMW3シリーズがデビューした。6代目はサイズを大幅に拡大したことが注目されている。3シリーズはここにきて、世間をアッと言わせるほどの大改革が施されたのである。(レーシングドライバー/自動車評論家 木下隆之)

 そんな3シリーズが日本で展開するラインナップが興味深い。大きく分けて「330i」と「320i」の2本立てなのだが、搭載するエンジンは骨格がそっくりそのまま共通なのだ。直列4気筒1998ccターボであることには違いがなく、エンジン型式も共通の「B48B20B」だ。

 異なるのはその出力だけ。「330i」が最高出力258ps/5000rpmを発揮、最大トルク400Nm/1550rpm~4400rpmを絞り出すのに対して「320i」は、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク300NM/1350rpm~4000rpm。その差74psと100Nmなのである。

 かつてはグレード名が排気量なり出力を表していた。だがそれが大まかなパワー感を表現するスタイルに転じてから久しい。いわば「330i」は3リッター相当のパワーを誇る3シリーズを意味し、「320i」は2リッター相当のパワーを得た3シリーズを表すことになったのである。

 なぜこんなことになったのか…。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus