試乗スケッチ

車格を上げた新型「Z4」は迷走してきたBMWロードスターの“結論”だ (1/3ページ)

木下隆之

 新型BMW「Z4」が誕生した。先代モデルに比較して75mmもワイドになり、前後に85mmも長くなった。車格がひとまわり大きくなった。印象の違いはあきらか。威風堂々としたロードスターとなったのである。

 「待ち焦がれていたよ」

 「いいのか、大きくなって」

 「走りは俊敏なのか?」

 迫力を増してデビューした新型Z4へは、様々な期待と不安が飛び交っている。

 BMWが誇るロードスターの歴史は長い。クーペモデルのルーフを切り取ることでオープンとした派生モデルではなく、単体でのオープンモデルとして、BMWは長い歴史を紡いできた。

 1989年にデビューしたZ1

 BMWのオープン専用車ロードスター発祥は、1989年にデビューしたZ1に遡るだろう。スタイリッシュな2ドアモデルであり、特徴的なのは左右のドアが横に開くのではなく、ドアの下部に収納されるタイプだったことだ。まるで床下に飲み込まれたかのような斬新な仕掛けが話題になった。

 だがそれは、わずか8000台しか生産されなかった。強烈な印象を残したとはいえ、商業的に成功したとは言えない。

 ちなみに、オープンカーの呼称は、形態や産地によって様々で、カブリオレやコンバーチブル、ロードスターなど呼び名は異なる。BMWはロードスターとしている。Z1の「Z」はドイツ語で未来を意味する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus