スポーツbiz

スチュワート投手との契約が起こした波紋 懸念される日米“野球”摩擦 (1/3ページ)

 米大リーグ(MLB)のドラフト会議が先ごろ行われた。日本のドラフト会議はシーズン終了後に行われるので不思議な気もするが、米国の学校の大半が6月に学年末を迎えることから、この時期に開かれている。そのドラフト会議開催に合わせたかのように、福岡ソフトバンクホークスが昨年のMLBドラフト会議でアトランタ・ブレーブスから1巡目指名を受けたカーター・スチュワート投手と契約、入団発表した。(産経新聞客員論説委員・佐野慎輔)

 裏には辣腕の代理人

 ブレーブスとは身体検査で手首の故障があるとして契約金を下げられて合意に至らず、イースタン・フロリダ州短大に進学した同投手は今年のドラフトでも有力候補に挙がっていた。スポーツ専門局ESPNによると、ソフトバンクは6年契約で総額700万ドル(約7億6000万円)以上という破格の条件を出したとされる。

 MLBの球団と契約しても、恐らく6年間で700万ドルは稼げまい。その意味では、スチュワート投手にとってソフトバンク入りはいい選択である。代理人を務めたスコット・ボラス氏のほくそ笑む姿が目に浮かぶ。

 ボラス氏といえば松坂大輔投手(当時・西武、現・中日)の代理人を務め、ボストン・レッドソックスとの間で6年契約5200万ドルの大型契約を結んだことで日本でも有名になった。現在もJ・D・マルチネス(ダイヤモンドバックス)やカルロス・ゴンザレス(ロッキーズ)などの有名選手の代理人として辣腕(らつわん)を振るい、フィリーズのブライス・ハーパー外野手の2013年、3億3000万ドルの大型契約を勝ち取った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus