スポーツi.

ファッショントレンドで運動実施率に変化 (3/3ページ)

 スポーツ庁は、スポーツの実施率は向上しているというが、それは、階段昇降などの軽運動を含めた結果(17年度より)にすぎない。ランニング人口も拡大の勢いは止まりつつあるが、街でランニングしている老若男女がカラフルなウエアで颯爽(さっそう)と走る姿には、単純に格好良さがあふれている。彼らがそのままの格好で街中を歩いていても、何の違和感もない時代なのだ。たかがファッション、されどファッション、である。

【プロフィル】今昌司

 こん・まさし 専修大法卒。広告会社各社で営業やスポーツ事業を担当。伊藤忠商事、ナイキジャパンを経て、2002年からフリーランスで国際スポーツ大会の運営計画設計、運営実務のほか、スポーツマーケティング企画業に従事。16年から亜細亜大経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科非常勤講師も務める。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus