メーカー

先端技術大賞 東大大学院の山田さんら表彰

 優れた研究成果を挙げた理工系学生や企業・研究機関などの若手研究者を表彰する「第33回・独創性を拓(ひら)く・先端技術大賞」(主催・フジサンケイビジネスアイ、後援・文部科学省、経済産業省、フジテレビジョン、ニッポン放送、産経新聞社)の授賞式が11日、高円宮妃久子さまをお迎えし、東京・元赤坂の明治記念館で開かれた。

 式典では、環境中で分解するイオン電解質を電源とする無線センサネットワークの研究に取り組んだ東大大学院の山田駿介さんに学生部門のグランプリに相当する「文部科学大臣賞」が、身の回りの微少振動を電力に変換する技術により小規模自立電源の実用化を目指す研究開発で成果を上げた鷺宮製作所R&Dセンターには社会人部門の最高賞「経済産業大臣賞」がそれぞれ贈られた。このほか6件の研究も顕彰された。

 審査委員長で日本工学アカデミー会長の阿部博之・東北大名誉教授は「学生部門では、斬新な発想、ユニークな着想の研究、高度の内容の研究が目立った。社会人部門では、生活に関連している研究開発やエレクトロニクス、情報関連の技術が多くみられた」と講評。久子さまは「科学技術分野では解明を待つ研究領域がまだ数多くあり、若い方々の独創性あふれる研究に期待したいと思います」と述べられた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus