メーカー

オリックス、カーシェアに燃料電池車 都内で36台、2020年から配備

 車両レンタル大手のオリックス自動車は、カーシェアリングで利用できる車として、トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI(ミライ)」を2020年から配備する。二酸化炭素(CO2)を排出しない車の普及を促す東京都の支援を受けたもので、都内で36台を運用する。燃料電池車はCO2をまったく排出せず究極のエコカーと言われるが、燃料を補充する水素ステーションの数が限られることが課題になっている。利用料金は15分150円からで、6時間パックは2800円とし通常よりも安く設定した。約3分の水素の補充で約650キロ走行できる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus