サービス

JR西、新大阪-奈良間で初のノンストップ特急運行 

 JR西日本は22日、新大阪-奈良間をノンストップで走る初の特急列車を今秋、臨時運行すると発表した。3月におおさか東線(新大阪-久宝寺間)が全線開通して関西線と直結したことを受け、奈良への誘客を図る狙い。利用状況を見極め、通年での運行も検討する。

 特急は「まほろば」と名付け、11~12月上旬の土、日を中心に計13日間、1日1往復する。おおさか東線を走る特急は初めて。車両は、大阪、京都と和歌山を結ぶ特急「くろしお」で利用されている287系を使用する。

 JR西は平成22年に大阪環状線などを経由して新大阪-奈良を結ぶ臨時特急を運行したことがあるが、当時は天王寺駅などで途中停車していた。

 JR西によると、おおさか東線の全線開通後、JR奈良駅の利用者数は前年比で8%増加しているという。直通特急の運行で新大阪駅から新幹線の利用客を取り込み、底上げを図る。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus