メーカー

防衛装備品の輸出で日英連携 総合見本市11月開催、アジア市場にらむ (1/3ページ)

 防衛装備品の総合見本市としては国内初となる「DSEIジャパン」が、11月18日から3日間、千葉市の幕張メッセで開かれる。日英両政府の肝煎りによるもので、日本企業では海外の見本市を含め過去最多の約50社が出展を予定する。

 製造インフラ魅力

 この見本市は、ロンドンで2年に1回行われる世界最大級の防衛装備品と危機管理技術の見本市「DSEI」を日本で開催するものだ。

 防衛装備品のアジア市場をにらみ、海外の大手企業と日本企業との間で合弁会社設立や提携などの橋渡しをする場として、英国側が開催を提案。日本側も国内防衛産業の活性化につながるとして受け入れた。

 関係者によると、既に複数の海外企業が日本からの輸出を計画しているといい、日本の防衛産業国際化が急速に進む可能性が出てきた。

 DSEIジャパンには約150社が出展。日本企業の出展社数が約50社に上ることで、2014年6月にフランス・パリで開かれた見本市「ユーロサトリ」の12社を大幅に上回り過去最多となる見通し。

 日本の大手では三菱重工業、IHI、スバル、NEC、メルコ、海外大手では英国のBAEシステムズやロールス・ロイス、米国のロッキード・マーチン、レイセオン、キャタピラー、欧州のエアバスなどが出展する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus