スポーツi.

白鵬帰化 年寄の国籍条件撤廃を (1/2ページ)

 横綱白鵬の日本国籍取得が認められ、3日付の官報で告示された。日本名はしこ名と同じ「白鵬翔」としたという。年寄として相撲界に残り、部屋持ち親方として後進を育て、相撲界に貢献したいためという。(GBL研究所理事・宮田正樹)

 よく知られているように、「年寄」(敬称として親方と呼ばれている)として相撲界にとどまるために日本国籍でなければならないという規定がある。

 なぜ、このような規定が残っているのか調べてみると、年寄襲名資格に「日本国籍を有する者」という条件が加えられたのは、1976年9月3日の相撲協会の理事会においてであった。当時、米ハワイ出身力士・高見山が幕内で活躍していたのだが、彼の年寄襲名を防ごうという意図からこの条項が追加されたようである。

 襲名は105人限定

 現役を引退した力士が相撲協会の構成員としてとどまるには、原則として年寄になる必要がある。年寄になるためには年寄名跡を保有している必要がある。年寄名跡とは、相撲協会の年寄名跡目録に記載された年寄の名を襲名する権利であり、俗に年寄株、親方株とも呼ばれており、その数は105人と限られている。名跡の譲渡は当事者に任されていたが、多額の金銭で売買されたり、貸し借りが行われたりするなど、不祥事の原因ともなっていたため、2014年に相撲協会が「公益財団法人」化したときに、名跡は協会が管理するものとされ、全年寄が協会に名跡証書を提出し、金銭授受や貸し借りは禁止された。年寄襲名も、力士の引退に際して理事会が開かれ襲名の承認を得ていたが、14年の公益法人化以降は、新設された年寄資格審査委員会での過半数の承認を経て、理事会で最終承認を得るという形式をとるようになった。

 一般的な襲名の条件としては、(1)最高位が小結以上(2)幕内在位通算20場所以上(3)十両(関取)以上の在位を通算30場所以上(ただし、関取在位通算28場所以上なら、名跡の前保有者と師匠、保証人の親方の願書があれば、理事会でその是非を決定する)-などの条件を満たしていればよいとされている。

 また、年寄となって自分で部屋を新設しようとするとその条件は次のようになる。(1)横綱もしくは大関(大関から陥落した力士も含む)(2)三役(関脇・小結)通算25場所以上(3)幕内通算60場所以上(番付制限なし)-のいずれかを満たし、師匠の了承を受けることにより、引退後1年以上経過した後、理事会の承認を経て部屋を新設できる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus