ハザードマップ

CONNECTロジスティクス/バオ・メタル (2/2ページ)

 〈チェックポイント〉

 CONNECTロジスティクスは、配送需要の高まりを追い風に参入した新興グループだったがコスト増が重荷となった。EC市場の拡大を受け、物流業界は活況だ。だが安値受注や労務費高騰で、売り上げは伸びても採算が取れないことも多い。自社の体力を見極め、安易な受注獲得に走らない慎重さも求められる。

 バオ・メタルは鋼材加工の技術を生かした特殊容器の製造で定評があった。半面、汎用(はんよう)性に欠け、販路が限定されるリスクも存在した。技術を他方面に向ける企業努力が必要だったといえるが、こうした希少な技術は守っていくべき日本の宝だ。関係各所のバックアップ体制は十分だったか、検証も必要だろう。(東京商工リサーチ常務情報本部長 友田信男)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus