サービス

近鉄百、業績上方修正、訪日客なお好調

 近鉄百貨店は15日、令和2年2月期連結決算の業績予想を上方修正し、売上高を従来の2793億円から2842億円に、最終利益を38億円から39億円に引き上げた。あべのハルカス(大阪市阿倍野区)に入る本店で訪日客需要が引き続き好調で、高級時計や化粧品などの販売が伸びた。

 大阪市で記者会見した秋田拓士社長は「中国の旅行代理店と提携したことで集客力を強化できた」と分析した。国内向けも高級ブランド品などがよく売れたという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus