Sponsored

「Hareza(ハレザ)池袋」のホール棟がオープン 伝統芸能やサブカルチャーなどを提供

国家戦略特区の認定を受けた複合再開発による池袋の新たなランドマーク

 東京建物とサンケイビルがプロジェクト事業者として進めている複合施設「Hareza(ハレザ)池袋」のホール棟が11月1日にオープンした。東京都豊島区が掲げる「国際アート・カルチャー都市構想」の象徴となるプロジェクトだ。ミュージカル、伝統芸能を公演するホールやアニメ、サブカルチャーを楽しめる空間など個性豊かな8つの劇場を備える。国際的な街としての知名度を向上させるために、「IKEBUKURO」における「Hareza池袋」のオープンは、世界への文化情報の発信力を高める存在だといえるだろう。

誰もが主役になれる劇場都市

〈東京建物とサンケイビルによる共同事業〉

 「Hareza池袋」は、豊島区庁舎跡地と豊島公会堂跡地の再開発として豊島区が建設するオフィス棟やホール棟、新しい区民センター、そして中池袋公園を加えたエリアを指す。東京建物とサンケイビルは2018年、池袋やこれらの地域の魅力を向上させるため、一般社団法人「Hareza池袋エリアマネジメント」を設立し、19年3月に中池袋公園の指定管理者として選定された。

 「8つの劇場に代表される『誰もが主役になれる劇場都市』というHareza池袋のコンセプトの実現、また中池袋公園を中心とした面でのまちづくりや賑わいの創出のため、フジサンケイグループの一員であることの強みを生かし、グループの総力を挙げてこの事業を推進する」。サンケイビル資産開発部次長の上坂智史氏は、こう力を込める。

こけら落としに宝塚歌劇や歌舞伎

〈新作ミュージカル、落語、バレエ、オペラなど さまざまなジャンルの公演を予定〉

 11月オープンのホール棟は、地上8階、地下1階 、塔屋1階で延べ床面積は1万700平方メートル 。1階と2階にはライブ劇場や店舗、スタジオがあり、2階から8階は1300席の豊島区立芸術文化劇場が所在する。この劇場は8劇場の中核として位置づけられ、東京建物がネーミングライツを取得のうえ、「東京建物Brillia HALL」と名付けられた。運営主体は「としま未来文化財団」である。

 東京建物都市開発事業部事業開発グループリーダーの若林典生氏は、「東京建物Brillia HALLは、このプロジェクトのシンボル的存在です。この劇場だからできるバラエティ豊かな公演にご注目ください」と話す。11月から2020年9月までの「こけら落としシリーズ」として、宝塚歌劇や歌舞伎、新作ミュージカル、落語、バレエ、オペラなどさまざまなジャンルの注目作品が続々と公演される予定だ。

〈聖地にふさわしいサブカル劇場も〉

 池袋はアニメーションやコスプレなどの聖地としても知られている。こうしたサブカルチャーの街ならではのエンターテインメントも多彩に展開される。例えば、ポニーキャニオンが運営する未来型ライブ劇場「harevutai」では、アニメ、音楽、ゲームなどのコンテンツを発信する。また、ドワンゴが運営するネットとリアルの融合をテーマとしたスタジオ「ハレスタ」、中池袋公園に面した劇場空間「パークプラザ」などがある。ホール棟は、Hareza池袋のメイン施設に位置づけられている。

 このほか、としま区民センターには「多目的ホール」と「小ホール」等があり、来年7月にオープン予定の「Hareza Tower」に10スクリーンと約1700席を設けたシネマプラザ「TOHOシネマズ池袋(仮称)」がある。

芸術文化の枠を超えた創造力

〈多様な文化の創出を後押し〉

 いま、豊島区は文化、アートを軸にしたまちづくりを進めている。国際的な演劇祭「フェスティバル/トーキョー」や国際芸術コンペティション「アートオリンピア」、国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル」など世界的なアートイベントが池袋に集結している。

 上坂氏は「豊島区から、芸術文化という言葉でイメージされる枠組みを超え、アートの持つ想像力や創造力でまちづくりを行う『国際アート・カルチャー都市構想』が掲げられた。伝統的な文化から新しい文化、そしてハイカルチャーからサブカルチャーまで多様な文化を受け入れる流れができています」。8つの劇場と中池袋公園は、多様な文化が融合する場所としての役割が期待されている。

 サンケイビルは、フジメディアホールディングスの一員として「メディアグループの不動産デベロッパー」という特徴を持っている。その一方で、東京建物は豊島区本庁舎・高層集合住宅一体型再開発プロジェクトに参画するなど、豊島区での官民連携事業の実績があるほか、官民連携プロジェクトの実績や他エリアで大規模プロジェクトの経験が豊富だ。

 若林氏は「当社の官民連携や大規模プロジェクトの経験、ノウハウとメディアグループの不動産デベロッパーとしてのサンケイビルが持つコンテンツ発信力は相互補完の関係があり、プロジェクトのコンセプトの実現に向けて力を合わせていきたい」と意欲を示す。

 豊島区が「国際アート・カルチャー都市構想」を掲げたのは、東京23区唯一の「消滅可能性都市」に指定されたことによる。これを転機として、高野之夫・豊島区長が池袋のあり方に関する改革を推進した。そして、漫画やアニメなどサブカルチャーを街の財産とする施策を進め、池袋は多様な文化を生み出す都市であることを世界に発信している。

 そのシンボル的な施設である「Hareza池袋」は、ビジネス拠点としてだけではなく、池袋エリアの賑わいや文化の発信拠点としての役割を担う。

〈国際都市としての飛躍 進化する池袋〉

 池袋はサブカルチャーの聖地として世界的な知名度が高い一方で、伝統芸能など日本の伝統文化に関する発信はまだ発展途上といえるだろう。

 上坂氏は「東京建物とサンケイビルが共同で立ち上げた一般社団法人Hareza池袋エリアマネジメントを通し、街の賑わいの創出という役割を果たしていきたい。高野・豊島区長が打ち出した池袋という都市の変革は、インバウンド(訪日外国人観光客)を含めて多様な人たちが池袋を訪れるためのさまざまな仕掛けへとつながっています」と話す。

 池袋やその周辺地域は、サブカルチャーから伝統文化まで多様なコンテンツが融合し、世界にも類を見ない「誰もが主人公になれる劇場都市」への進化を目指している。そのシンボル的存在である「Hareza池袋」は、世界への情報発信の鍵を握っている。

サンケイビル

(提供 株式会社サンケイビル)

Recommend

Ranking

アクセスランキング