自動車

世界の車メーカー最悪の年 EV時代到来、数年で8万人削減

 世界各国の自動車メーカーの従業員にとって、今年は過去最悪の部類の年となっている。需要減少や自動車技術の構造的変化が背景にあり、ドイツのダイムラーとアウディはここ1週間で2万人近くの人員削減を発表したばかりだ。

 ブルームバーグ・ニュースがまとめたデータによると、自動車メーカーは今後数年間で8万人余りを削減する。人員削減はドイツや米国、英国に集中している。ただ、高成長国もこの流れに逆らえず、自動車メーカーはそれらの国で事業を縮小している。

 ドイツ2社に加え、米ゼネラル・モーターズ(GM)とフォード・モーター、日産自動車もこの1年間で大規模な人員削減に踏み切っている。

 貿易摩擦や関税でコストが上昇し、投資が抑制されるとともに、電気自動車(EV)・自動運転・配車サービスの時代の到来で各社が従業員数を見直す中、自動車業界は失速しつつある。調査会社IHSマークイットによると、今年の世界の乗用車とライトトラックの生産台数は前年比約6%減の8880万台となる見通しだ。

 また、世界最大の自動車王国の中国でも人員削減が実施されている。従業員数が業界最多の中国は、販売不振に見舞われている。

 ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、ジリアン・デービス氏は「世界市場の持続的低迷を受け、既に自動運転技術の研究開発費増加にあえぐ自動車メーカーの利益率と利益が損なわれている」と指摘。「多くの自動車メーカーは現在、利益率低下を阻止するためコスト削減計画に注力している」と述べた。(ブルームバーグ Christoph Rauwald、David Welch)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus