IT

スマホ決済で銀行振り込み LINEペイが開始へ

 LINE(ライン)は9日、スマートフォン決済「LINEペイ」で個人や企業の銀行口座に振り込みができるサービスを開始したと発表した。決済アプリの残高を銀行口座に振り込み可能とするのは初めてという。手数料は1回あたり176円と、大手銀行などの他行振り込みと比べて安価に設定、スマホで手軽に振り込める利便性を強みに顧客獲得につなげる。

 利用者はアプリ上にお金をチャージした上で、送金相手の口座番号をアプリに入力すれば、相手の口座に振り込める。口座番号が分からなくても、相手の名前と電話番号かメールアドレスがわかれば、メッセージや認証機能を利用して振り込むことができる。

 利用上限は1日10万円までで、24時間365日の利用可能だ。利用シーンには10万円以下の家賃や習い事の月謝の支払いなど「一定額の定期的な口座振替などを想定している」(担当者)という。

 スマホ決済のサービスには送り手と受け手の双方が同じサービスを利用していれば送金できることが多いが、銀行口座への振り込みまではできなかった。LINEのサービスは「自分が口座を持っていなくても、相手の口座に振り込めるという点でインパクトがある」(銀行関係者)。

 また、安価な手数料が銀行のサービスに風穴を開ける可能性もある。インターネット専業銀行では利用頻度の高い顧客に対し、他行への振り込み手数料を無料にしているケースもある。だが、例えば、みずほ銀行は他行宛ての振り込みはネットバンキングで3万円未満で220円、3万円以上で440円とするなど大手行はそれなりの手数料がかかる。LINEは大手行より安い手数料を設定しており「代替されるという脅威はある」と銀行関係者は語る。

 スマホ決済をめぐってはIT通信大手や金融機関など多様な事業者が乱立し、巨額の予算を投じた消費者への還元競争が激化。一方でスマホ決済の認知度の高まりに伴い、お得感だけでなく、アプリの機能拡充など使い勝手を訴求して差別化する動きも活発になってきた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus