話題・その他

転倒防止ロボ歩行車・試作機を開発 幸和製作所と産総研

 福祉用具開発製造の幸和製作所は9日、産業技術総合研究所と共同で転倒防止機構を持つロボット歩行車の試作機を開発したと発表した。今後は量産試作機の開発設計に取り組み、老人ホームなどでの実証実験を経て、令和3年2月までの実用化を目指す。

 この歩行車を転倒の可能性が大きな要介護者が使えば、より安全に歩けるようになる。要介護度の重度化を防ぐことにもつながり、社会保障費増加の抑制を後押ししそうだ。

 左右の足の近くに車輪を配し、わずかな力を与えるだけで車輪が回転する。バランスを崩して後ろに倒れそうになると、瞬時に歩行車が後方に動くことで転倒を防ぐ。

 開発にあたり、産総研が開発した人体や歩行車のモデルに基づいた独自のシミュレーション技術を活用。「人型ダミー」と呼ばれる高齢者の身代わりとなる人形を使って、横浜市内のリハビリ施設で実証実験を繰り返した。

 歩行車とはリハビリなどで使われる歩行補助具。従来の歩行車には転倒を防止する機構がなく、歩行車からの転落や歩行車ごと転倒する危険があった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus