サービス

新千歳空港アクセス強化 JR北海道、来春ダイヤ改正

 JR北海道は13日、来年3月14日からのダイヤ改正で、新千歳空港と札幌圏を結ぶ「快速エアポート」を増発し、一部を特別快速として運行すると発表した。現行から約3割の輸送力強化となる。

 1時間4便から5便に増やし、11~14分間隔で走る。特別快速は朝の通勤時間帯に空港行きを、夜間帯に札幌行きをそれぞれ2本ずつ走らせ、現行最速の快速エアポートより4分短い33分で到着。また、新千歳空港に午前6時28分に到着する早朝便も新設する。

 新ダイヤには、新函館北斗駅で北海道新幹線から特急に乗り換える際の待ち時間を短縮することや、「スーパー北斗」「スーパーおおぞら」など、特急の名称から新旧車両の区別のため付いていた「スーパー」を外すことなども盛り込まれた。

 また利用が少ない根室線古瀬駅と釧網線南弟子屈駅の2駅を廃止する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus