サービス

ANAHD社長「航空貨物の減便検討」

 ANAホールディングスの片野坂真哉社長は13日の定例社長会見で「国際線で(会社全体の)成長を続けるという基本方針は変わらないが、意外と国内線が健闘している」と指摘。訪日客の国内線利用が今後も顕著に続くとの見方を示した。

 一方、米中貿易摩擦の影響で航空貨物が打撃を受けているとした上で「影響が続けば貨物の生産調整(減便や運休)を検討せざるを得ない」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus