話題・その他

栄養価もUPするりんごの新しい食べ方 「スターカット」に業界の人も太鼓判

 縦に切って皮をむいて食べることが多いリンゴの新たな食べ方が話題だ。人呼んで「スターカット」。リンゴを皮付きのまま横にして輪切りにするだけの、誰にでもできる簡単な切り方だが、薄く切れば皮をむく必要もなくなり、皮と果肉の間の栄養を余すところなく取ることができる。日本一の生産量を誇る青森県の業界関係者はリンゴの消費拡大に向け、積極的にPRしている。(福田徳行)

 リンゴの輪切りは2年前、東京慈恵会医科大付属病院の本で「栄養を多く摂取できる」と紹介された。

 これに目をつけたのが、青森県の業界団体。輪切りにすると、芯の部分が星形になることから、「スターカット」と命名。青森リンゴのPR活動を行っているタレントの渡辺直美さんが後押し、知名度を広げている。

 地方独立行政法人・青森県産業技術センターりんご研究所(黒石市)によると、芯には「子房(しぼう)」と呼ばれるリンゴの種が入る部屋が5つあることから、輪切りにすると、芯の部分は必然的に星形になるという。

 この芯の部分を星型の型抜きなどを使ってくり抜けば、見た目は華やぎ、おしゃれになる。

 研究所では、リンゴの蜜の入り具合やデンプンの減り具合などを調べる熟度調査の際に輪切りにしているが、担当者は「スターカットという発想はなかった」と苦笑いし、「話題になるということはリンゴの消費拡大には良いこと」と話す。

 栄養価の面では、リンゴはもともと栄養価が高い果物。ポリフェノールの一種で、抗酸化作用があるとされる「プロシアニジン」も豊富に含まれている。ただ、ミカンなどに比べて果肉が硬いため、やや食べにくいという面もある。そこでスターカット。好みの幅で輪切りにすることで格段に食べやすくなる。

 さらに、リンゴの食物繊維やビタミン類は、皮と皮の近くの果肉に多く含まれており、皮ごと食べたほうが体にいい。しかし、皮は歯の間に挟まるなどの理由で、食べない人が多い。

 スターカットにすると、皮の面積が小さくなって食べやすくなり、リンゴの栄養素を余すところなく取ることができる。

 青森県りんご対策協議会の高沢至事務局長は「リンゴの皮をむく手間が省け、手軽に食べられる。捨てる部分も少なく、子供や年配の方もスナック感覚のような食感でリンゴを楽しむことができる」と太鼓判を押す。

 協議会では県内外の量販店などで紹介しているほか、ホームページやSNSなどを活用してスターカットを発信している。高沢事務局長は「今後もスターカットをアピールし、リンゴの持つ栄養素と併せて積極的にPRしていきたい」と意気込んでいる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus