話題・その他

「マジンガーZ」格納庫の総工費をはじく 常識破りのプロジェクト秘話 (1/2ページ)

波溝康三

 マジンガーZの格納庫の建設費は72億円 也…。2003年、大手建設会社「前田建設」は、人気ロボットアニメ「マジンガーZ」の格納庫の設計を実際に行い、その工期や建設費を公表して世間を驚かせた。映画「前田建設ファンタジー営業部」(1月31日公開)は、当時の前田建設の社員たちの奮闘の様子を詳細に描く。この奇想天外なプロジェクトは当初、社内でも奇異の目で見られていたというが、その後、同社の知名度を高めただけでなく、“地味で固い”という建設業のイメージまで一変させた。同営業部を創設した仕掛人に“プロジェクト秘話”を聞いた。

 「最初は上司や同僚にもあきれられ、社内に理解者はほとんどいませんでした。でも私にとっては、建設会社を知らない人たちにも、その魅力を広く知ってもらうための、真面目なプロジェクトだったのです」

 こう語るのは、ファンタジー営業部を企画した仕掛け人で、現在、同社の総合企画部広報グループ長の岩坂照之さん。当時は土木設計部にいた。

 「当時、日本の景気は低迷し、また、建設業界は談合問題などで世間のイメージが悪かった。どうすれば、建設業の魅力を世間に伝え、イメージを向上させ、多くの人に興味をもってもらうことができるか?」

 考え抜いた結果、岩坂さんは、とんでもないプロジェクトを上司に提案した。

 これまで同社が培ってきた技術を駆使し、マジンガーZの格納庫を設計し、建設の工程や工期、総工費の見積り書を作り、公開しようという、かつてどの大手ゼネコンも手掛けたことのない構想だった。

 突拍子もない提案に、上司たちにあきれられる中、岩坂さんの思いに賛同する仲間が各部署から集まり、「ファンタジー営業部」が創設された。

 同営業部は、社内組織の中には存在しない。「業務時間外の活動になってもやります」と声を上げた有志メンバーによって、同社のホームページ(HP)上で自主的に運営されていたのだ。

 だが、HP上で、マジンガーZの格納庫の設計方法や工期などが公開され始めると、次第にアクセス数が上がり、会社もその活動を認めざるを得ない状況になる。

 「当時はまだ今のようなSNSがありませんでしたが、話題が話題を呼び、会社のHPへのヒット数が凄い勢いで増えていったのです。それまでのアクセス数は本当に少なかったのですが…」と岩坂さんは苦笑した。

 設立当初は敵ばかり

 映画では、当時の広報グループメンバーを人気若手俳優の高杉真宙や上地雄輔、岸井ゆきのたちが演じている。熱血漢のリーダー、岩坂さんの役は、お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明が熱演している。

 「実際に建設費を見積もりして公開するのは取引先との関係上、やめてくれないか」

 「迷惑なので他の企業を巻き込まないでほしい!」

 営業部門など社内各部署から沸き起こる抵抗や圧力、クレームなどの実態も赤裸々に描かれる。

 「当初、ファンタジー営業部が受けた他部署からの非難や苦情などは、映画で描かれている通りですよ」。試写を見た岩崎さんは苦笑しながら打ち明け、こう続けた。

 「でも、我々は本気でした。遊び半分でないから、次第に社内の各部門の専門家たちが協力してくれ、実際の土木工事と同じ見積もり方法、工法などをできる限り詳細に公開していきました。その姿勢に、社内だけでなく他社など社外からも技術協力を名乗り出てくれるなど、このプロジェクトを応援してくれる支援者が集まり始めたのです」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus