サービス

羽田で自動運転EVバス実験 全日空など4社、五輪での実用化目指す

 全日本空輸やソフトバンク系のSBドライブなど4社は22日から、羽田空港で電気自動車(EV)の大型バスを使った自動運転実験を始めた。今夏の東京五輪・パラリンピックの訪日客向けに実用サービスの提供を目指す考え。中部国際空港でも同時期の自動運転バスの実用化に向けた調整が進められているが、より実用性が高い大型バスによる空港での自動運転サービス提供は国内初となる見通しという。

 羽田空港での自動運転実験では、全日空が購入した中国大手EVメーカー「比亜迪(BYD)」の57人乗り大型EVバス「K9RA」を、東京大発自動運転システム開発ベンチャーの「先進モビリティ」(東京都目黒区)がセンサーやカメラを車内外に搭載するなどして改造。羽田空港第2ターミナルの制限区域内の約1.9キロメートルの区間を走らせる。

 遠隔地から乗客の安全確認や車のドアの開閉などができるSBドライブのシステムを主に使って運転するため、自動運転の「レベル3」になる。

 全日空は、地上業務の人手不足解消や作業負荷の軽減などを目的として、空港での自動運転車両の実験を2018年2月から実施しており今回が3度目。昨年の実験では、空港の路面に磁石を埋め込んで車両が磁石の上を走行して磁気を検知しながら走行位置を把握する仕組みが採用された。

 今回は、走行中の車両がレーダーで感知した位置情報をあらかじめ撮影した走行経路の3次元地図と照合しながら位置を確認する仕組みが採用された。実用化に向けては衛星利用測位システム(GPS)のほか、こうした位置を確認する仕組みを複数採用することで、より安定した自動運転走行を確保する。

 全日空の清水信三専務は「東京五輪まで200日を切った。世界中から注目される機会に、新技術に触れてもらえるようにしたい」と述べた。

 国内空港内の自動運転実験(時期\事業者\車両)

 ≪仙台空港≫

  ・2018年12月\豊田通商\24人乗り小型バス

 ≪成田空港≫

  ・2018年12月\鴻池運輸など\7人乗り乗用車

  ・2019年1月\AIRO\同上

 ≪羽田空港≫

  ・2019年1月\愛知製鋼など\28人乗り小型バス

  ・2019年2月\SBドライブ\15人乗り小型バス

  ・2020年1月\全日空など\57人乗り大型バス

 ≪中部空港≫

  ・2019年3月\AIRO\12人乗り小型バス

  ・2019年4月\アイサンテクノロジーなど\5人乗り乗用車

 ※国交省の資料による

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus