メーカー

三菱「スペースジェット」納入、6度目延期の方針 令和3年以降に

 三菱航空機(愛知県豊山町)が、開発中の国産初のジェット旅客機「スペースジェット(旧MRJ)」について、今年半ばを目指していた初号機の納期を、令和3年以降に延期する方針を固めたことが24日、分かった。延期は6度目。最新試験機の完成が遅れて運航に必要な国の安全認証取得に手間取り、納期に間に合わないと判断した。

 親会社の三菱重工業が来月6日の決算発表の際、6度目の納入延期を明らかにする方向だ。

 新たな納入時期は令和3年後半から4年前半を検討している。

 三菱航空機は現在、運航に必要な「型式証明」と呼ばれる国の認証取得を目指し、米国で飛行試験をしている。ただ、当初昨年6月を予定していた最新試験機の完成が、部品の不具合への対応などで今年にずれ込んだ。国土交通省の書類審査も時間がかかっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus