遊技産業NOW

鍵は「6」にあり ホラーパチンコ「ROKUROKU」登場

 ■高尾

 高尾(名古屋市中川区)は2月17日、東京都台東区の東京支店ショールームでパチンコ新機種「P ROKUROKU 6000Ver.」のプレス説明会を開催した。2018年公開の劇場用ホラー映画とのタイアップで、多彩な演出がゲームを盛り上げる。大当たり確率319.6分の1(高確率79.5分の1)のミドルタイプ。大当たりはすべて10ラウンド(出玉約1000個)で、初当たりの50%で突入する確変突入時には、6回1セットの約6000個が獲得可能。セット消化中は約66分の1で「加速図柄」が停止し、変動秒数が短縮するスペシャル変動となる。6回セット後の時短回数は、6回(40%)、36回(10%)、66回(10%)、96回(40%)のいずれか。約半分の確率で66回以上の時短を獲得できるほか、時短中に引き戻すことで再び約6000個が見込める出玉性能も魅力だ。ちなみに、最大時短引き戻し率は約27%。ホールへの導入は4月からを予定。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus