リーダーの視点 鶴田東洋彦が聞く

大豊建設・大隅健一社長(2-1) 2つの特殊技術でインフラ支える (1/3ページ)

 1949年の創業以来、大豊建設は「信頼に応える確かな技術」をモットーに、橋梁(きょうりょう)やトンネルといった社会インフラの整備を担ってきた。特許を取得した特殊技術は建設業界の発展に寄与、「技術の大豊」は確固たる地位と信頼を築いた。今年度からの3カ年計画では100年企業に向けて、土木と建築の2本柱を伸ばしながら新事業に参入。そのために必要な人材育成にも力を入れる。大隅健一社長は「特殊技術に強みを持ちながら小回りが利き、社会から必要とされる会社になる」と言い切る。

 土木・建築が両輪

 --昨年3月に70周年を迎えた

 「私が入社した74年当時、土木の売り上げ(完成工事高)が350億~400億円、建築が40億~50億円と売上高の8~9割を土木が占める会社だった。しかし、事業の柱が1本では厳しいと判断し建築にも注力し、土木と肩を並べるまでに成長した。今やイーブンで、まさに車の両輪だ。それに伴い利益を出せる体質になった」

 「リーマン・ショックに襲われた2010年3月期(連結)の売上高1209億円、売上総利益70億円から、20年3月期は売上高1628億円、売上総利益144億円と増加した。利益率は5.8%から8.9%に上昇し、売上総利益は2倍に膨らんだ。同業他社より脆弱(ぜいじゃく)だった技量が10年で大きく向上した」

 --その要因は

 「創業から一貫して技術力を第一に考え、『大豊式ニューマチックケーソン工法(特許取得1951年)』や『泥土加圧シールド工法(同84年)』など業界を牽引(けんいん)する画期的な技術を開発してきたからだ。今でも世界で使われている技術で、大きなプロジェクトには声をかけてもらっており、ジョイントベンチャー(JV)で参加する機会が多い。この2大特殊技術、いわば二枚看板で事業を組み立てる戦略を取ることで、『技術の大豊』のブランドを確立することができた」

 --どんな技術なのか

 「ニューマチックケーソン工法は風呂の浴槽に湯桶を逆さまにして平らに水中に押し込むと空気の圧力により水の侵入を防ぐという原理を応用。下部に作業室を設けた鉄筋コンクリート製の二重スラブ構造の箱(ケーソン)を地上で造り、作業室には地下水圧に見合う空気(ニューマチック)を送ることで水を排除して掘削作業を行う。ケーソンを地上で造るので作業条件が良くなり品質も向上する。93年に開通した東京港連絡橋『レインボーブリッジ』を支持し安定させている橋梁基礎は同工法で施工された。鉄道や道路の橋梁などインフラ整備に欠かせない」

 --泥土加圧シールド工法は

 「前面にカッターを備えた円筒形の機械で地中を掘りながらその後ろでブロックを組み立てることを繰り返してトンネルを造っていく。土圧や水圧が伴う都心のトンネル工事に最適で、技術の進歩により大口径も掘れるようになった。以前は下水道工事が主流だったが、今では大規模な環状道路工事でも多く採用されている。リニア中央新幹線の第一首都圏トンネル(北品川工区、シールドマシン外径約14メートル)にJV構成員として参加している」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus