IT

NTTがNECに5%出資 5Gや次世代通信を開発へ

 NTTがNECに5%程度出資し、第5世代(5G)移動通信システムの通信網の技術などを共同開発することが25日、分かった。出資額は数百億円になるとみられる。近く発表する。5G以降の次世代通信システムの研究開発における連携も視野に入れる。

 5G通信を支える基地局や通信網の設備をめぐっては、スウェーデンのエリクソンやフィンランドのノキア、中国の華為技術(ファーウェイ)が世界的にシェアを拡大している。日本勢は出遅れており、NTTとNECが手を組み巻き返しを狙う。

 NTTは5Gの先の通信システムとして、フォトニクス(光工学)と呼ばれる最先端技術を活用した通信ネットワーク「IOWN(アイオン)」の実現にも力を入れており、共同で研究に取り組む。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus