サービス

ワタミ、雇用維持へ時短勤務要請

 外食チェーンのワタミは29日、国内で展開している約400店舗に勤務する約8000人のアルバイトやパート従業員のうち、一部に対して時短勤務を要請していると明らかにした。新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少する中、仕事を分け合うワークシェアリングを推進し、従業員の雇用を維持するのが狙い。ワタミによると、一部のアルバイトやパートの週当たりの勤務日数を減らしたり、1日当たりの労働時間を短くしたりする。週20時間以上働き社会保険に入っている従業員は、加入を継続できるように配慮するという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus