サービス

スカイマーク4年ぶり最終赤字

 スカイマークが30日発表した2020年3月期決算(単体)は、最終損益が12億円の赤字(前期は91億円の黒字)に転落した。最終損益の赤字は16年3月期以来4年ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大による旅行需要の低迷が響いた。期末の現預金は126億円で、19年3月期末からは小幅な減少にとどまった。新型コロナの影響は長期化が懸念され、手元資金の確保を急いでいる。

  

 

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus