サービス

JR東が民営化後初の最終赤字 西は赤字幅最大に

 JR東日本と西日本は16日、これまで未定としていた2021年3月期連結決算の業績予想を発表した。両社とも最終損益が赤字に転落する見通し。JR東は4180億円の赤字(前期は1984億円の黒字)。1987年の民営化以降で初めての赤字となる。JR西も2400億円の赤字(同893億円の黒字)で、過去最大となる。両社とも新型コロナウイルスの影響で乗客が激減しており、JR東は、携帯電話各社が共通して利用できる第5世代(5G)移動通信システムのアンテナを駅構内に整備して各社に貸し出すなど、鉄道以外の新規事業を強化する方針を示した。

 JR東の売上高は前期比34.5%減の1兆9300億円、本業のもうけを示す営業損益は5000億円の赤字(前期は3808億円の黒字)になると見込んだ。

 近距離収入は8月時点で前年同月比43%減だが、来年3月末時点で15%減まで持ち直すという。ただ、収入の3分の1を占める新幹線など中長距離の収入は回復が遅れることが見込まれることから、大幅な最終赤字予想となった。

 また21年度の採用計画を従来の1400人程度から1300人程度に減らす。中途採用だけを絞り、新卒は据え置く。

 一方、JR西の売上高は前期比39.0%減の9200億円、本業のもうけを示す営業損益は2900億円の赤字(前期は1606億円の黒字)となる見通し。

 両社とも終電の繰り上げや運賃、料金の見直しを進める方針を示しているほか、JR東は電子商取引(EC)事業の強化に向け、千趣会と資本業務提携を発表するなど、鉄道以外の事業による収益拡大も模索する考え。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus