金融

不正引き出し、332万円被害 ゆうちょ銀mijica

 ゆうちょ銀行は23日、同行が発行するデビット・プリペイドカード「mijica(ミヂカ)」の送金機能が悪用され、54人の顧客の貯金口座から合計332万2000円が不正に引き出されたと発表した。全てのmijicaカードの送金機能を16日に停止した。被害は全額補償する方針だ。

 ゆうちょ銀では提携するNTTドコモの「ドコモ口座」など電子決済サービスの悪用により、計2000万円を超える貯金の不正引き出しが確認されている。

 同行自体のサービスでも不正被害が発覚し、金融機関としての信頼性が問われそうだ。

 ゆうちょ銀によると、8月8日に4人、9月6日に7人、15日に43人が被害に遭った。顧客のmijicaのウェブサイトにログインするなどし、不正取得した別のmijicaカードに送金する手口という。

 送金は、1回5万円を限度に月10回可能だった。不正利用を受け、11日から1回1万円まで月3回に変更したが、被害が止まらずに送金を全て止めた。mijicaの会員数は約20万人。mijicaカードは、口座残高の範囲内で買い物などができるデビット、事前に入金した限度内で払うプリペイドのいずれかの機能を顧客が選んで使う。

                   ◇

【用語解説】ゆうちょ銀の不正引き出し

 提携するNTTドコモの「ドコモ口座」やソフトバンク系のペイペイといった7つの電子決済サービスが悪用され、ゆうちょ銀行の顧客の貯金が不正に引き出されたことが9月に表面化した。18日現在の被害は137件・2205万2000円。決済サービスと口座のひも付けの際の本人認証で、なりすましを防ぐ「2段階認証」を導入していなかった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus