企業リリース

ファーウェイがPOLANホワイトペーパーを発表:エンタープライズキャンパスネットワーク変革の実現

共同PRWire

 AsiaNet 85833 (1727)

  

 【上海2020年9月28日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)はHUAWEI CONNECT(ファーウェイコネクト)2020期間中、「IT Decision-maker Insights: POLAN as an Enabler of Enterprise Campus Transformation(IT意思決定者の知見:エンタープライズキャンパス変革のイネーブラーとしてのPOLAN)」と題するIDCホワイトペーパーを委託した。ホワイトペーパーによると、IT意思決定者は、COVID-19パンデミックに直面してデジタルトランスフォーメーションが加速するにつれて、キャンパスネットワーク戦略を再検討しつつある。従来のソリューションと比較して、パッシブ光LAN(POLAN)ソリューションは、帯域幅、O&M、消費電力、総所有コスト(TCO)の点で利点がある。今後5年間に、POLANはさまざまな業界で広く使用され、エンタープライズサービスを再検討するための強固な基盤となろう。

 このホワイトペーパーの調査結果は、教育、政府、医療、運輸、不動産など、複数の業界にわたる特定の国の318の大中企業のIT意思決定者を対象としたウェブ調査に基づいている。このカスタム調査はファーウェイから委託され、IDCによって設計、実施、分析された。これは、デジタル時代のエンタープライズキャンパスネットワークの構築に関する詳細な政策リファレンスとガイダンスを提供している。

 ホワイトペーパーによると、企業が好むキャンパスネットワーク・ソリューションは、将来の要件を満たすために、簡素化されたネットワークアーキテクチャー、シンプルな管理、低コスト、および柔軟な容量拡張を備えている必要がある。

 このホワイトペーパーは、POLANがデジタルトランスフォーメーションの脈絡で主流のキャンパスネットワーク・ソリューションになる5つの理由についても説明する。詳細は以下の通り:

 *将来の帯域幅要件を満たすこと

 近い将来、HDビデオとIoTアプリケーションは指数関数的に成長し、帯域幅の要件を継続的に押し上げる。銅線ケーブルと比較して、光ケーブルはより高い帯域幅と容量を提供し、ケーブルを再接続することなく継続的な帯域幅のアップグレードをサポートする。たとえば、ドバイ・クリークハーバーはPOLANソリューションを採用し、10G PONテクノロジーに基づくホテルのIoTおよびビデオサービスを実行し、今後10年間に予測される要件を満たしている。伝送メディアを交換することなくテクノロジーと帯域幅をアップグレードできるため、顧客の投資を保護することができる。

 *プレミアムネットワークエクスペリエンスの提供

 従来の銅線ケーブルと比較して、(光)ファイバーは低レイテンシー、高信頼性、および耐電磁干渉を特長としている。これにより、ファイバーラインは、ビデオ会議、セキュリティー監視、AR/VRインタラクション、IoTなどの新しいキャンパスアプリケーションの要件を満たすことができる。国立銀行は、オフィスビルにPOLANソリューションを採用して、オフィスネットワークを最新化し、有線オフィス、デジタル拡張コードレス電話音声、ワイヤレスAPバックホール、IoTアクセスなどのすべてのサービスを提供している。

 *ネットワークのO&M効率を最大60%向上

 従来のキャンパスネットワーク・ソリューションと比較して、POLANソリューションのアーキテクチャーはより単純である。OLTだけを管理する必要がある。端末はプラグアンドプレイをサポートしており、障害のある端末は直接交換できるため、O&Mの作業負荷が大幅に軽減される。さらに、パッシブスプリッターは、多数のアクティブアグリゲーションデバイスに取って代わり、障害の可能性を減らす。復旦大学は、簡素化されたアーキテクチャーと最小限のケーブル展開でスマートキャンパスを構築する取り組みの一環として、POLANソリューションを採用した。このソリューションは、障害特定と容量拡張を簡素化し、O&Mコストを削減する。

 *消費電力が30%削減され、世界を環境により優しくする

 POLANソリューションは、キャンパスネットワークをマルチレイヤーから2レイヤーに再構築する。ネットワーク構造がフラット化されるため、必要なIT機器室が少なくなり、デバイスと機器室換気の消費電力が実質的に30%削減される。中国・雲南省の有名ホテルは、この目的のためにPOLANソリューションを採用し、ネットワークインフラストラクチャーに革命をもたらした。長距離伝送とマルチサービスベアリングのおかげで、ネットワークはWi-Fi、音声、HD TV、温泉インテリジェント制御をサポートし、何百もの機器室のニーズを割愛する。年間電力消費量は10万kWh削減される。これは、47.5トンの炭素排出量削減、ないし2065本の植樹に相当する。

 *ネットワーク構築の設備投資を20%削減

 ファイバーは、より優れたサービスを提供できるだけでなく、サイズ、重量、および容量拡張機能において明らかな物理的利点を持っている。IDCの調査によると、顧客は、POLANをより簡単かつ効率的に展開・運用し、設備投資を約20%削減できることに同意している。

 IDCのRohit Mehra副社長は「より多くのデータ収集および分析タスクがエンタープライズエッジにますますプッシュされるにつれて、キャンパスネットワークはエンタープライズサービスイノベーションの強固な基盤となる。ますます多くの企業が、POLANソリューションを好意的に評価し、ユーザーエクスペリエンス向上のための最新のテクノロジーを活用し、サービス収益を増やし、デジタル化をスピードアップするだろう」と語った。

 ファーウェイ・トランスミッション&アクセス・マーケティング・エグゼキューションのプレジデント、Jinhui Wang氏は「この詳細な調査結果は、キャンパスネットワーク構築に対する企業のIT意思決定者の期待を正確に反映している。われわれは、POLANソリューションは今後数年間に、教育、ホテル、運輸など多くの業界で急速に展開されるとみている。ファーウェイは、ユビキタスな光接続を実現するソリューションと業界のエコシステムの構築への投資を継続する」と語った。

 詳細な情報は同ホワイトペーパーをhttps://e.huawei.com/en/solutions/enterprise-transmission-access/campus-optix-polan-idc-white-paper でダウンロードを。

 ソース:Huawei

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus