金融

ネットバンキングの不正送金、上半期5億円超 銀行アプリ使った新手口も

 上半期(1~6月)に全国の警察が把握したインターネットバンキングの不正送金事件は885件(前年同期比702件増)、被害総額は約5億1200万円(3億4600万円増)、被害に遭った金融機関は29行に上ることが警察庁の統計で1日、分かった。大半はショートメッセージサービス(SMS)やメールで金融機関を装ったフィッシングサイトに誘導する手口が使われたとみられる。

 ほかにも、他人の口座とひも付けた銀行アプリを使って現金自動預払機(ATM)から現金を引き出す新たな手口を警察として初確認。6、7月の2カ月間に全国で32件、約1060万円の被害があったという。

 警察庁によると、被害に遭った金融機関は大手銀行やネット系銀行などが13行(計約4億7000万円)、地方銀行12行(4000万円)、信用金庫3行(200万円)、労働金庫1行(50万円未満)。

 不正送金先は1244口座が判明。名義人の国籍は日本52・0%、ベトナム12・4%、中国3・5%。電子マネーや暗号資産(仮想通貨)の購入、プリペイドカードへのチャージも確認された。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus