金融

貯金不正被害で郵政に報告要請

 総務省は1日、ゆうちょ銀行の貯金不正引き出し問題で親会社の日本郵政に対し、グループ内で重要情報の共有を徹底するとともに、素早く確実な被害者対応に向けてゆうちょ銀を指導するよう要請した。さらに、10月末時点におけるこれらの措置の状況を11月10日までに同省へ報告するよう求めた。

 総務省は、一連の問題について「顧客本位のサービスを徹底できず、迅速な情報公表が行われなかったことが被害の発生・拡大につながった」と指摘。「郵政事業への信頼にも大きな問題を生じさせている」とした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus