ケータイWatch

基地局搭載機の成層圏飛行に成功

 ■HAPSモバイル、LTE通信も実現

 ソフトバンク子会社のHAPSモバイルは、成層圏通信プラットフォーム向けの無人航空機「サングライダー(Sunglider)」が成層圏での飛行に成功したと発表した。飛行中、成層圏からLTEで通信することにも成功。同社では、無人航空機に基地局を搭載し、成層圏から携帯電話のサービスエリアを構築する事業の実現を目指している。

 今回で5回目となったテストフライトは、米国ニューメキシコ州のSpaceport Americaで実施された。総フライト時間は20時間16分で、離陸前に充電したバッテリーとソーラーパネルでの発電だけでフライトを完結させた。

 20時間のうち、約5時間38分が成層圏での滞空時間で、最大風速58ノット(秒速約30メートル)、最低気温マイナス73度という環境で無事、飛行に成功。さらにLoon社と共同開発した成層圏対応の無線機(ペイロード)によるLTE通信にも成功した。ペイロードは一式約30キロ。飛行中にMIMO対応のLTE通信を約15時間(成層圏では5時間38分)実施した。

 テストフライト中のサングライダーからは、700メガヘルツ帯(LTEバンド28)のサービスリンクで地上の端末と接続。サングライダーと地上のゲートウエーは、70~80ギガヘルツ帯で双方向回線が構築された。

 地上にいたスタッフは、普段使っているスマートフォンからサングライダーに接続し、低遅延かつ高解像度なビデオ通話を実現。ビデオ通話には、インターネットの父とも呼ばれ、グーグルのバイスプレジデントでチーフインターネットエヴァンジェリストのビント・サーフ氏と、日本のインターネットの父と呼ばれる村井純氏がHAPSの意義、ネットの未来を語ったという。(インプレスウオッチ)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus