話題・その他

日米、CO2リサイクルで覚書

 日米両政府は、発電所や工場で排出される二酸化炭素(CO2)を燃料や化学品に再利用する「カーボンリサイクル」技術の研究開発を加速させるため、技術や情報の共有などで協力に関する覚書を交わした。人材交流などを通じて技術の実用化を促進する。

 オンラインで開催した「カーボンリサイクル産学官国際会議」で、経済産業省と米エネルギー省のそれぞれの幹部が、従来のエネルギー協力に関する覚書にカーボンリサイクルに関する項目を追加し署名した。覚書では技術をCO2削減と経済成長を両立させる「最も有望な選択肢の一つ」と位置付ける。

 梶山弘志経産相は会議で、今回の覚書を皮切りに「アジアをはじめとした各国とも連携を強化し、開発から社会実装まで着実に取り組む」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus