金融

京都銀が洛外進出で「出城」展開 周辺地銀、高まる警戒感 (1/2ページ)

 「広域型地方銀行」を掲げる京都銀行が、本拠地の京都府から打って出る「洛外進出」を強めている。新たに大阪市と兵庫県明石市に拠点を構え、安定した財政基盤を背景に他行のお膝元に攻勢をかける。迎え撃つ周辺地銀は日本銀行の大規模金融緩和による低金利で利ざや(貸出金利と預金金利の差)減少に苦しんでおり、コスト削減から店舗網を縮小するなど防戦一方。菅義偉首相が「地銀は多すぎる」と述べ再編圧力が高まるなか、他地銀のエリアに積極進出する京都銀行の姿勢には警戒感が高まっている。

 大阪・兵庫に攻勢

 京都銀行は9月14日、法人営業に特化した「法人オフィス」を大阪市平野区と明石市の2カ所に設置した。両エリアは中小企業が多く、営業先として開拓余地がありながら、これまで近隣地域の店舗がカバーする「空白地」だった。特に明石は、現在の支店網で一番西の神戸支店からさらに西進し、播州地方にまで攻め込んだ形だ。

 オフィスには机とパソコン、電話などがあるだけで、窓口やATM(現金自動預払機)はなく、看板すら設置していない。それぞれが近くの八尾支店(大阪府八尾市)や神戸支店(神戸市)に籍を置く営業担当者4人が駐在し、客先に出向く法人営業に特化した形を取る。

 なぜ店舗ではなく、法人オフィスとしたのか。店舗戦略を担当する西村浩司常務執行役員は「今回の『出城』のような形なら、新規出店に比べてコストはほとんどかからない」と説明する。銀行業から「総合金融ソリューション業」への転換を掲げる同行は近年、企業同士を結びつけるビジネスマッチングや販路開拓などの法人コンサルティングを強化。京都を中心に展開するネットワークの広域性を強みとし進出先にアピールする。

 今後の実績次第では正式店舗への昇格を見据えており、西村氏は「人口や企業の集積する兵庫県南部など空白地にさらに『出城』を展開することも検討したい」と意気込む。

 もともと京都銀行は1941年、京都府北部の4銀行が合併し、福知山市に本店を構えた「丹和銀行」が起源。京都銀行に改称し、1953年に京都市へ本店を移した京都では「後発銀行」でもある。その後、京セラや日本電産、任天堂、オムロンなどと、各社の経営規模が小さいころから融資や出資で関係を構築し「長いお付き合い」を続け、各社とともに成長してきた。これらの企業の株式を現在も多く保有しており、他行がうらやむ資産となっている。この安定した経営基盤を背景に、エリア外への進出を活発化させている。

 隣接する滋賀県に初めて進出した2000年の草津支店(草津市)を皮切りに、大阪や兵庫など近畿のほか、愛知まで出店。草津出店当時に115店だった店舗網は現在は174店まで拡大した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus