メーカー

トヨタ、実験都市「ウーブン・シティ」着工 富士の裾野で自動運転など実証へ

 トヨタ自動車は23日、静岡県裾野市で計画する先端技術都市「ウーブン・シティ」の建設に着手した。今後、人を住まわせて自動運転をはじめとする人工知能(AI)や通信を活用した実験を行い、社会課題の解決に役立つ新たなサービスや製品の開発につなげる。23日の地鎮祭で豊田章男社長は「多様性を持つ人々が幸せに暮らせる未来を創造することに挑戦する」と意欲を示した。

 ウーブン・シティは街全体をITでつなぐ次世代都市「スマートシティー」と位置付けられる。国内自動車メーカーが中心となって大規模に街が開発されるのは異例だ。

 子会社のトヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)の東富士工場跡地、約70万平方メートルに建設する。住人は約360人で始め、2000人以上を想定する。投資費用や完成時期は明らかにしていない。

 街では高齢者や子育て世代が生活。社会課題を洗い出し、常駐する技術者や研究者らが解決策を探る。企業や個人に参加を呼び掛けており3000件を超える応募が集まった。NTTとは既に提携を決めた。

 地上と地下に計4種の道路を張り巡らせ、さまざまな条件で自動運転の技術を検証する。網目状の道路を備えることから「WOVEN(織られた)」を街の名前に使った。水素で発電する燃料電池システムや、ロボットの活用なども検討されている。

 23日の式典には豊田社長のほか、川勝平太静岡県知事らが出席。建設工事の安全を祈願した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus