メーカー

空気清浄機販売、ダイキン4割増 来年度国内目標

 ダイキン工業は、2021年度の空気清浄機の国内販売目標を20年度見通しの約70万台と比べ、4割増の100万台にすると発表した。19年度実績の2.5倍に相当する。新型コロナウイルス流行で需要が高まったことを踏まえた。

 ダイキンの推計によると21年度の空気清浄機の市場は300万台規模で、100万台を販売するとシェア3割を獲得する。

 新商品「UVストリーマ空気清浄機」も発表した。スマートフォンで複数台を操作でき、4月26日に発売する。ウイルスや菌の抑制効果も高めた。飲食店の個室など人が頻繁に出入りする小さな空間での利用を主に想定している。希望小売価格は15万4000円。滋賀製作所(滋賀県草津市)で生産する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus