金融

米銀シティグループ、誤送金問題で強腰 返還拒む運用3社を一部取引から除外

 米銀シティグループは、米化粧品大手レブロン向け融資に関係する事務代行で誤送金した9億ドル(約982億円)のうち、5億ドル余りの返還を拒んでいる資金運用会社について、同行が主幹事を務める一部の新発債取引から締め出す方針だ。複数の関係者が明らかにした。

 それによると、シティは、ブリゲード・キャピタル・マネジメントとHPSインベストメント・パートナーズ、シンフォニー・アセット・マネジメントなどの運用会社を取引から除外する。シティが訴訟で資金の返還を求めているこれら3社や他の運用会社も、発行体が特に要請する場合は参加できるという。

 シティは戻らない5億400万ドルの返還を求める訴えを起こしたが、マンハッタンのニューヨーク州南部地区連邦地裁のジェシー・ファーマン判事は資金返還請求を退けた。シティは上訴する意向だ。

 シティとブリゲード、HPS、シンフォニーの担当者は、いずれもコメントを拒否した。(ブルームバーグ Katherine Doherty、Paula Seligson)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus