金融

資産保有せず差金決済取引 ヘッジファンド、秘密裏に持ち分積み上げ

 ビル・フアン氏が運営する米ヘッジファンド、アルケゴス・キャピタル・マネジメントに関連する200億ドル(約2兆2000億円)のポジションが強制的に清算されたことで、同社がひそかに投資先企業の持ち分を積み上げるのに利用していたデリバティブ(金融派生商品)に注目が集まった。

 関係者によると、同社が利用していたレバレッジ(借り入れを利用した投資)の多くは野村ホールディングスやクレディ・スイスなどの金融機関が、スワップや「差金決済取引(CFD)」を通じ提供していた。この取引ではアルケゴスが実際に原資産を保有することはない。

 米国の上場企業の株式を5%以上保有する投資家は通常なら、持ち分を開示する必要があるが、アルケゴスが利用していたとみられるデリバティブを通じてポジションが構築された場合はそうではない。取引所外で取引されるこの商品を使って、フアン氏のような運用者らは開示することなく上場企業の持ち分を積み上げることができる。

 金融機関は同社がレバレッジを使い積み上げた巨額の投資を強制的に売り、同社の転落は世界に影響を及ぼした。百度(バイドゥ)やバイアコムCBSなどの株価は大きく変動し、野村とクレディ・スイスは巨額損失の可能性を明らかにした。

(【金融当局緊急招集】米ファンド損失が世界に 野村やクレディなど業績波及)

 影響を大きくしたのは借入金を使った賭けだ。レバレッジを効かせた大規模な賭けが外れるとマージンコール(追加証拠金の要求)がかかったが、アルケゴスは担保が差し出せなかったため強制的にポジションが清算されることになり、影響が広がった。デリバティブを利用して秘密裏に大規模なポジションを構築できたという事実は、ヘッジファンドには市場を不安定化させる力があるとの批判を再燃させるかもしれない。

 フアン氏の取引の多くはまだ不明だが、市場のポジションから見て同氏の資産は50億~100億ドル程度とみられており、ポジションの総額は500億ドルを超えている可能性がある。(ブルームバーグ Sofia Horta e Costa、Tracy Alloway)(【誰が抜け駆けしている…】混乱足並み乱れ クレディ主導の回避策、協議不発)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus