話題・その他

医療、教育、行政…「既得権のほころびを狙え」新事業のプロが注目する超有望な分野 (3/3ページ)

 ■コロナで客が「瞬間蒸発」した領域にチャンスあり

 既得秩序が強い領域に加えて、もうひとつ、大きな進化圧を受けたのは「瞬間蒸発」が生じた業界だ。ビジネスでの瞬間蒸発とは、一瞬にして顧客がいなくなったということを意味する。感染症対策では、「人と会わないこと」が大前提となる。今さら僕がいうまでもなく、ウィズ・コロナの時代となり他者と対面する機会はぐんと減った。大人数が集合する機会は、一層なくなった。本書を執筆している2021年の初春も、不特定多数の人が集まる場でのクラスターが報道されているから、この状況はしばらく続きそうである。

 具体的に「瞬間蒸発」により事業が逼迫したのは、たとえば、飲食、観光、イベントの業界だ。とはいえ、これらの業界へのニーズが消えたわけではない。冒頭でもお伝えした通り、人の胃袋がある限り飲食業界のニーズは残り続ける。これは、旅行業でもイベント業でも同じことがいえる。いや、むしろ制限される不満で、これまで以上に「旅行したい」「イベントに参加したい」という思いは強まっているかもしれない。

 だからこそ、その「不」を解決する新規事業が喉から手が出るほど求められることになる。

 飲食業においては、デリバリーやお取り寄せが一気に普及した。ウーバーイーツのある生活は、すでに日常的なものになっている。たとえば、こんな展開もある。僕が立ち上げに参画した印刷ECのラクスルは、各飲食店のデリバリーサービス展開ニーズを察知し、デリバリーメニューチラシのテンプレートサービスをリリースした。店舗名やメニュー内容を記入さえすれば、すぐにレイアウトされ、配れるようなチラシができるサービスを間髪容れずに始めたのだ。デザインから印刷、必要であれば近隣の住宅へのポスティングをセットにし、その当時、各飲食店の「不」に徹底的に対応したのである。このサービスはもちろん、非常に好評となった。

 観光業においては、これまでの隆盛を支えていたインバウンドが、一瞬でその99%が消え失せた。業界全体に、壊滅的な打撃を与えた。

 では、観光業は不要となってしまったのか。もちろん、そんなことはない。「海外旅行から国内旅行へ」「遠出から近場へ」「量から質へ」「休日やトップシーズンから平日やオフシーズンへ」「リアル旅行からオンライン旅行へ」などの切り替えが遂行されていった。「これまでの旅行」から、「これからの旅行」に変容する形で、人々の「訪ねたい」という欲求を満たし、存続を図ろうとしている。

 イベント業においては、「集合リスク」への対応として、「オンラインイベント」がすでに定着してきている。ビフォー・コロナの時代では一部の人しか知らなかった、ウェブとセミナーを合わせた動画を使ったインターネット上のセミナーである「ウェビナー」などの言葉が、ウィズ・コロナの時代となり、すでに一般用語として定着したように思う。むしろ短期間で準備ができ、低コストでイベントを開催できるようになったと考えると、可能性が広がっているという見方もできる。

 繰り返すが、人々は、飲食、旅行、イベントの「瞬間蒸発」してしまった領域への欲求を失ったわけではない。むしろ、抑えられている分その欲求を埋める術を希求している。これまでのサービスに代わるものが提供できれば、新規事業として大きなパワーを発揮するものとなる。「瞬間蒸発」した領域は、起業による課題解決が待たれている業界であるともいえるのだ。

 

 守屋 実(もりや・みのる)

 新規事業家

 1992年ミスミ(現ミスミグループ本社)入社、新規事業開発に従事。2002年に新規事業の専門会社エムアウトをミスミ創業者の田口弘氏と創業、複数事業の立ち上げおよび売却を実施。2010年守屋実事務所を設立。新規事業創出の専門家として活動。ラクスル、ケアプロの立ち上げに参画、副社長を務めた後、博報堂、サウンドファン、ブティックス、SEEDATA、AuB、みらい創造機構、ミーミル、トラス、JCC、テックフィード、キャディ、プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会、JAXA、セルム、FVC、日本農業、JR東日本スタートアップ、ガラパゴス等の取締役などに加え、内閣府有識者委員、山東省人工知能高档顧問を歴任。2018年にブティックス、ラクスルを、2カ月連続で上場に導く。著書に『起業は意志が10割』(講談社)『新しい一歩を踏み出そう!』(ダイヤモンド社)がある。

 

 (新規事業家 守屋 実)(PRESIDENT Online)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus