サービス

「なぜK-POPは世界的ヒットを連発できるのか」韓流アイドルが熱狂を生む5つの理由 (1/3ページ)

 なぜ「K-POP」は世界中で人気になったのか。『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(朝日出版社)を出したライターの田中絵里菜さんは「K-POPには、制約なく、誰もが、どこにいても、お金をかけずに楽しめる、という仕組みがある」という--。

 世界中の人がK-POPに“沼落ち”するカラクリ

 米国の3大音楽祭の一つ「ビルボード・ミュージック・アワード」で5月、韓国のアイドルグループ「BTS(防弾少年団)」が4冠に輝いた。2019年に自身が打ち立てた2冠の最高記録を塗り替える快挙で、韓国発の音楽「K-POP」の人気が世界に広がっている象徴的なイベントになった。

 K-POPが今や日本国内だけで起きている一過性のブームではないと、世間が認識し始めたのが2020年だったのではないだろうか。そしてその事実を確信するように今年に入って多くのメディアが「K-POPは一体なぜ」といった記事を掲載している。

 やはり話題の中心になるのはBTSだが、BTSだけに限らず「K-POP」というパッケージそのものが一部のファンだけではなく世界中に広く認識されるようになっている。難攻不落だと思われたアメリカのミュージックシーンにおいてもチャートを覗けば現在幾つものK-POPグループの名前が並んでいる。

 世界中の人々が、なぜ「K-POP」にここまで熱狂するのか--。その理由を探ってみると、私は「5つのバリアフリーがある」という一つの結論にたどり着いた。お金・時間・距離・言語・制約の「5つのバリアフリー」によって、K-POPは“沼落ち”しやすい環境が整っている。

 つまり制約なく、誰もが、どこにいても、お金をかけずに楽しめる、その仕組みがK-POPには存在している。本稿では、K-POPにうっかり“沼落ち”してしまう仕掛けを、近著『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(朝日出版社)からご紹介したい。

 お金をかけずに楽しめる動画コンテンツ

 では、具体的にK-POPはどんなふうにコンテンツのバリアフリー化が行われてきたのかを見てみよう。まずは「お金」だ。K-POPといっても韓国、海外のコンテンツだ。普通、有料の動画配信サービスや海外チャンネルも取り扱う有料放送を契約しない限り、触れる機会はあまりないだろう。

 しかしK-POPの場合は、無料でアーティストの動画や番組をネット上で見ることができる。主要な音楽番組のどれもが放送後に出演映像をアーティストごとに切り出して、当日か翌日には公式にアップロードしてくれる。韓国のテレビが簡単に見られない海外のファンでも、好きなK-POPアイドルが出演した音楽番組をオンタイムで網羅できる。

 さらにパフォーマンス全体の映像だけではなく、各メンバーだけに一曲フォーカスした「チッケム」と呼ばれる推しカメラも同時に公開される。そもそも韓国は音楽番組の数自体が多いこともあって、そのことだけで既に一つの楽曲に対して、ミュージックビデオ(MV)の他にパフォーマンスが見られる映像が複数あることになる。

 公式YouTubeチャンネルでは、MVがフル尺で公開されているのは当然のこと、「ダンスプラクティス」映像やリアルバラエティといったオリジナルコンテンツが配信されている。

 韓国では「他事務所の先輩の楽曲」でもフル尺でカバーする

 他にも、制作会社のチャンネルではメンバー全員が縦一列に並び先頭のメンバーがキリの良いところまで何小節か踊り、後ろにはけていくのを繰り返し、1曲のダンスをリレー形式で繋いでいく「リレーダンス」や、照明だけのシンプルな空間でのアイドルのダンスにフォーカスした映像をYouTubeで配信している「STUDIO CHOOM」(CHOOM=韓国語でダンスを意味する)など、そのグループに関する派生コンテンツがYouTubeだけでも幅広く用意されている。

 さらに、日本では他事務所の歌手がフル尺でカバーすることは考えにくいが、韓国の場合は新人歌手が自身の実力を見せる目的で先輩歌手のカバーをしていることがよくある。もちろんカバーダンスは一般の人たちの間でも楽しまれ、YouTubeで「cover dance」と検索すれば、その結果の多くがK-POPのカバーダンスで埋まるほどだ。

 権利の保護を最優先に厳しくブロックするよりも、「フリーミアム」の考え方で、あえて楽曲やMVそれ自体をプロモーション素材とみなすことで広く解禁し、後々の二次展開で利益を結果的に回収するという経営判断である。その結果、YouTube上だけでも多くの派生コンテンツを楽しむことができ、さらにファンがそれを自由にシェアできる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus