話題・その他

「納車まで2年待ちもザラ」それでもキャンピングカーに乗り換える人が増えている納得の理由 (1/3ページ)

 キャンピングカーの市場が拡大している。「車が売れない」といわれる時代に、納車まで2年待ちという車種も続出している。キャンピングカージャーナリストの渡部竜生さんは「ペットと一緒に旅ができて、災害時にも役立つ。アウトドアが好きな人たちだけの乗り物という考え方はもう古い」という--。

 ■キャンピングカー市場はずっと右肩上がり

 「キャンピングカーってはやっているらしいね」という印象を持つ人は多いのではなかろうか。日本RV協会によれば、2020年の国内のキャンピングカー生産台数は7434台、輸入台数は690台である。一般の自動車と比べれば1モデル分の販売台数程度だが、この市場は15年以上にわたり、毎年10%程度で右肩上がりの成長を続けている。

 このため需要に生産が追いついていない。一部の輸入車を除けば、キャンピングカーは「受注生産」が普通なので、通常でも契約から納車までは数カ月かかる。これが人気のワンボックスベースの車種では1年半~2年待ちがザラになっている。

 納車まで待ちきれず、中古車を探す人も増えている。もともとキャンピングカーは普通車と比べてモデルチェンジが少なく、10年以上たっても価格が落ちにくい。新車市場の人気を受けて中古車市場も活発になっており、人気車種は新車と変わらない価格で取引されている。

 一方、キャンピングカーには「大きい」「高い」「使わない」というネガティブなイメージがある。実際、私が乗り始めた20年前にはそう言われた。キャンピングカーショーの会場でも「こんな(高い)もの買って、いつ使うの!??」なんていう夫婦喧嘩を目にしたものである。

 しかし、私はこうしたかつてのイメージは「誤解である」と断言できる。順を追って説明しよう。

 ■普段使いもできる「バンコン」が一番人気

 輸入キャンピングカーをはじめとする大型のキャンピングカーは、派手な見た目も相まって、どうしても目立つ。それが強烈なインパクトになり、キャンピングカー=大きいもの、という思い込みにつながっている。しかし実際に「大きい」キャンピングカーは、市場全体のごく一部にすぎない。

 一番人気があるのがバンコンと呼ばれる、トヨタ・ハイエースや日産・キャラバンなどのワンボックスバンに架装を施したタイプだ。このサイズは日本でもポピュラーな車格で、「大きい」という人は少ないだろう。さらに、軽自動車ベースのキャンピングカーも増えていて、その中には大人4人が寝られるクルマもある。つまり日本で人気のキャンピングカーは、大きくてもハイエースサイズ程度、小さい場合は軽自動車サイズで、普段使いと兼用できるのだ。

 ■軽自動車ベースなら200万円台で手に入る

 では価格についてはどうだろうか? キャンピングカーは本当に、一般にイメージされているような「高級品」なのか。確かに、2000万円超の高級車も存在はする。海外に行けば「億円」レベルのものもある。が、現在日本で、もっとも売れている価格帯は500万~600万円クラスだ。

 ファミリーカー(ミニバンなど)の購入価格と比較しても、特別高価ということもないと思うが、どうだろうか。人気のミニバンやワンボックスタイプの乗用車でも、オプションにちょっとぜいたくをすれば、すぐに500万円ぐらいにはなる。

 その点、キャンピングカーの場合、軽自動車ベースなら200万円台で、普通車(バンやワンボックス)ベースでも、シンプルな装備のモデルであれば300万円台で購入できる。もちろん、完全にフラットになるベッドがあるし、何より、車内で快適に過ごせる工夫(断熱など)があちこちに施された上で、この価格である。

 上を見ればきりがないほど多様な商品があるのも事実だが、キャンピングカー=高い、とは限らないのだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus