企業リリース

「インゼルサラブレッドクラブ」初年度募集開始! 先行入会受付開始、入会キャンペーン実施

共同PRWire

 ロードカナロア・サクソンウォリアー・フランケル産駒などの良血馬19頭がラインナップ

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109039631-O1-DoUNPZ11

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109039631-O2-hudQ5KHw

 この度、株式会社インゼルサラブレッドクラブ(本社:京都府京都市中京区、代表取締役・大住拓哉)は、競走用馬ファンドの提供、会員様の初年度募集を開始したことをお知らせ致します。

 インゼルサラブレッドクラブは本年が初年度の募集となります。日本を代表する社台ファーム、ノーザンファームからのご支援や、アイルランドのクールモアスタッドとの連携によって、日本だけでなく世界からも魅力的な競走馬の提供を戴けることになりました。

 2020年セレクトセールで購入したフリーティングスピリットの20(父キタサンブラック)や、株式会社キーファーズが現役時代に所有したラルクの初仔(父Frankel)、国内で人気のロードカナロア産駒、ハーツクライ産駒など、社台グループを中心とした良血馬をラインナップすることが出来ました。

 クラブ設立を記念致しまして、先行入会キャンペーンを実施致します。先行入会(9月8日~10月24日)、出資申込みいただいた会員様には、入会金相当にあたるクラブポイントバックがございます。さらに「Insel Fun Fund 2021」1口を希望者の中から、抽選で100名様にプレゼント致します。

 インゼルサラブレッドクラブHP:https://inseltc.com/

 生産牧場コメント

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109039631-O6-b1nUBjF0

 吉田照哉氏(社台ファーム代表)

 「インゼルサラブレッドクラブの誕生、おめでとうございます。競馬を愛し、世界での活躍を目指す新たなクラブの誕生ということで、私もたいへん注目していました。その最初のカタログに社台ファームの生産馬が2頭もリストアップされたことはとても光栄なことであり、そのご期待に沿えうる良質な若駒をご用意させていただきました。これからも同業他社という垣根をこえて互いに協力しあい、競馬サークルの発展に貢献していきたいと思います。」

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109039631-O7-qbFxyZU2

 吉田勝己氏(ノーザンファーム代表)

 「インゼルサラブレッドクラブの設立、心からお祝い申し上げます。この度の、門出の募集にノーザンファームの生産馬をラインナップしていただきましたことを感謝いたします。厳しい情勢の中ではありますが、私たち生産者は、強い馬づくりを停滞させることなく、優駿を送り出すよう日々邁進しています。また、幅広い方々に競馬の楽しみや魅力を伝えていくことも使命と考えており、その中で新たなクラブ法人の発足は心強く感じています。競馬ファンの裾野を広げる、愛馬会の担う役割は大きなものであり、今後の貴社のご発展を祈念しております。」

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109039631-O8-2sPeWW11

 J.マグナー氏(クールモア代表)

 「インゼルサラブレッドクラブ発足おめでとうございます。全世界に猛威を振るったコロナウイルス。ヨーロッパでも競馬開催の中止や延期を余儀なくされました。しかし日本では無観客の時期もありながらも一度も滞ることなく競馬が開催されており改めて日本競馬の底力をみた気がしました。その日本で我が生産馬が走る事にとても興奮致します。ジャスティファイ・サクソンウォリアーと共に初年度産駒ですが、今までにない成果を上げてくれると信じております。今後も国境を越え競馬の繁栄に共に進んでいければ光栄に思います。」

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109039631-O9-cQwEGm7V

 松島正昭氏(キーファーズ代表)

 「インゼルサラブレッドクラブの設立おめでとうございます。御クラブの『世界に通用する馬の輩出』といった理念に共感を覚え、キーファーズ所有馬からラルクやヴィニーといった現役時代、私の夢を背負って走った馬たちの子供をラインナップに加えていただきました。『凱旋門賞を勝つ』私が常に目指してきた夢を会員の皆様と共有できる事はこの上ない喜びであります。インゼルサラブレッドクラブの発展を心から祈念しております。」

 騎手コメント (※五十音順)

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109039631-O10-5G9ocpU7

 武豊騎手(JRA)

 「インゼルサラブレッドクラブ設立おめでとうございます。新しいクラブの誕生は競馬界にもファンの皆様にもとても喜ばしい事ではないでしょうか。私たちジョッキーは皆様の愛馬を勝利に導くべく人馬一体となってゴールを目指し皆様の夢に貢献出来る様頑張ります。」

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109039631-O11-0eOq5qfE

 C.ルメール騎手(JRA)

 「インゼルサラブレッドクラブ設立おめでとうございます。日本だけではなく海外の良血馬も揃っていてとても魅力的な募集馬ラインナップですね。レースで勝利し会員の皆様とウイナーズサークルで喜びたいですね。」

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109039631-O12-fc1Tef3W

 L.デットーリ騎手(海外)

 「インゼルサラブレッドクラブ発足おめでとうございます。 初年度の募集馬にはエネイブルの甥もいると聞いています。いつかクラブの馬に騎乗できる機会を楽しみにしています。」

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109039631-O13-9ZTQrPHz

 R.ムーア騎手(海外)

 「インゼルサラブレッドクラブ設立おめでとうございます。サクソンウォリアーの仔が日本で走ると聞きました。彼はとても勇敢な馬でした。産駒にもいい影響を与えてくれるでしょう。又日本で皆様にお会いできることを楽しみにしています。」

 販売商品の紹介

 インゼルサラブレッドクラブでは、会員様それぞれの楽しみ方やニーズに合わせて3種類の商品をご用意致しました。当クラブならではのネットワークで、世界でも注目されている血統馬や、日本でも人気のある種牡馬の仔がラインナップされています。人気種牡馬の産駒がワンパッケージになったオリジナル商品「Insel Fun Fund 2021」、気軽にお買い求めいただける500口、賞金分配など手応えを感じて戴ける50口をご案内致します。

 ■Insel Fun Fund(IFF)について

 人気種牡馬の産駒がワンパッケージになった「Insel  Fun Fund 2021」

 人気種牡馬の産駒がワンパッケージになったオリジナル商品「Insel Fun Fund 2021」を考案致しました。競馬の魅力や楽しみ方をより多くの方々にお伝えする事を目的とし、IFF対象の15頭全てに夢を託していただく事で、お客様が競馬に関わる機会が増え、毎週末の競馬ライフをより楽しいものにして戴きたいと考えています。

 <仕組み>

 Insel Fun Fund 2021は、対象募集馬15頭の募集価格の10%を合計した金額をパッケージ化し、2,500口として募集します。

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109039631-O3-szDiwo1V

 <販売商品>

 馬主名義:  インゼルレーシング

 募集口数:  2,500口

 対象馬:  15頭

 入会金:  3,300円(税込)

 月会費:  800円(税込)

   ※原則年1回、まとめて9,600円(12ヶ月分)をお支払いいただきます

 一口価格:  18,440円(税込)

 募集方式:  先行募集で抽選により決定し、その後残口が出た場合は通常募集にて先着順で決定

 ※IFF対象15頭は4ページ目の募集馬一覧をご参照ください

 ※すべての商品に対して、維持費出資金等が別途かかります

 ※詳しくはインゼルサラブレッドクラブのホームページをご確認ください

 ■競走用馬ファンド(500口商品 / 50口商品)について

 <販売商品>

 馬主名義:  インゼルレーシング

 募集口数:  500口・50口

 募集頭数:  19頭

 入会金:  11,000円(税込)

 月会費:  500口会員 1,980円(税込)/ 50口会員 2,980円(税込)

 一口価格:  500口会員 30,000円~120,000円(税込)/ 50口会員 100万円~250万円(税込)

 募集方式:  先行募集で抽選により決定し、埋まらなかった募集馬は通常募集にて先着順で決定

 ※すべての商品に対して、維持費出資金等が別途かかります

 募集馬一覧

 社台ファーム、ノーザンファーム生産馬を中心とした良血馬がラインナップ

 社台グループからの提供馬を中心に、ロードカナロア、ハーツクライ、モーリス、キタサンブラック産駒など、日本国内で人気のある種牡馬の仔がラインナップしました。また、アイルランドのクールモアスタッドからは米無敗の三冠馬、ジャスティファイ産駒、ディープインパクトの仔で英2000ギニーを制したサクソンウォリアーの仔も取り揃え、バラエティ豊富な顔ぶれとなっています。

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109039631-O4-lrcnpxF1

 ※募集馬写真、厩舎は10月1日に公開となります

 先行入会キャンペーン概要

 <キャンペーン概要>

 (1)入会金相当のクラブポイントバック

 ・500口・50口会員 / 10000ポイント

 ・Insel Fun Fund 2021 / 3000ポイント

 (2)Insel Fun Fund 2021 1口プレゼント 100名様

 <応募対象者>

 先行入会期間に入会(9月8日~10月24日)、出資申し込みが成立した方の中から希望者へ100名。

 ※(2)については、希望者が100名を超えた場合は抽選となります。

 インゼルサラブレッドクラブ(愛馬会法人)について

 2020年に設立された競走用馬ファンドを提供する愛馬会法人。

 代表取締役は大住拓哉。(株式会社マツシマホールディングス 専務取締役、株式会社キーファーズ 監査役)

 <代表者コメント>

 株式会社インゼルサラブレッドクラブ

 代表取締役 大住拓哉

 「インゼルサラブレッドクラブ初年度募集を無事迎えることが出来ました。厳しい情勢の中ではありますが、競馬ファンの皆さまに魅力的な競走馬を提供出来るよう日々精進して参ります。お客様との心の通ったお付き合いを積み重ねることで、競馬がより身近なものに感じていただけるようなクラブライフを提供して参りますので、これを機会にご入会を検討戴ければ幸いです。」

 <会社概要>

 社名:  株式会社インゼルサラブレッドクラブ

 所在地:  京都府京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町515番地 MIYUKIビル5階

 代表取締役:  大住拓哉

 設立年月日:  2020年7月3日

 資本金:  1,000万円

 登録番号:  近畿財務局長(金商)第418号

 インゼルレーシング(クラブ法人)について

 インゼルサラブレッドクラブが提供する競走用馬ファンドのクラブ法人として、2020年11月にJRAから許認可を取得、馬主活動を開始。代表取締役は松島悠衣。(株式会社マツシマホールディングス、株式会社キーファーズ 取締役)

 <代表者コメント>

 株式会社インゼルレーシング

 代表取締役 松島悠衣

 「日本競馬界を代表する社台ファーム様、ノーザンファーム様からのご支援や、アイルランドのクールモアスタッド様との連携によって、日本だけでなく世界からも魅力的な競走馬の提供を戴けることになりました。世界でも通用する競走馬の輩出を目指しホースマネジメントをしていく所存です。競馬における持続可能性を探求しつつ、老若男女問わずに愛される「夢」のあるクラブにしていきたいと考えておりますので、末永いご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。」

 <会社概要>

 社名:  株式会社インゼルレーシング

 所在地:  京都府京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町515番地 MIYUKIビル5階

 代表取締役:  松島悠衣

 設立年月日:  2020年7月3日

 資本金:  1,000万円

 登録番号:  近畿財務局長(金商)第419号

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus