メーカー

三菱マテリアル、ヤモリの足裏ヒントのやわらか「金属ゴム」開発

 三菱マテリアルは、高温環境で使用できる金属でありながら、ゴムのような柔軟性を併せ持つ新材料「金属ゴム」=写真=を開発した。ヤモリの足裏にある超極細の剛毛にヒントを得て、金属表面に微細な形状加工を施した。航空宇宙や半導体、医療分野で2~3年後の商品化を目指す。工業材料は一般的に、耐熱性が必要な場合に鉄やアルミなどの金属材料が使われ、柔軟性が求められる用途ではゴムに代表される有機材料が選ばれる。一方、金属は柔軟性を欠き、ゴムは使用環境が300度以下に限定される難点があった。

 三菱マテリアルが、この課題を解消しようと活用したのが生物模倣技術だ。垂直の壁を素早く登るヤモリは、足裏に60万本あるとされる細い毛で接着力を生んでいる。これを参考にした微細形状により金属表面をゴムのように軟化させ、接着力を持たせたという。

 金属ゴムの素材は鉄やステンレス、合金など金属の種類を問わない。半導体や医療分野などの接着・仮固定の用途を想定している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus