メーカー

半導体材料2・5倍に増強 住友化学、旺盛な需要対応

 住友化学は、半導体の基板に電子回路を焼き付ける際に使うレジスト(感光材)の生産能力を、令和6年度に現在の約2.5倍に引き上げることを決めた。数百億円を投じ、大阪工場(大阪市)の製造ラインを増やすほか、韓国南西部の工場にプラントを新設する。第5世代(5G)移動通信システム用など旺盛な半導体需要に対応する。大阪工場は今年2月にライン増設を決めたばかりだが、さらに拡張する。生産能力を増強するのは回路線幅が小さい最先端半導体向け。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus