金融

米の銀行監督手掛ける通貨監督局トップに大学教授 仮想通貨に懐疑的

 バイデン米大統領は23日、銀行監督を手掛ける通貨監督局(OCC)のトップにコーネル大学法学部教授のソーレ・オマロバ氏を指名したと発表した。米メディアによると、オマロバ氏は現在のカザフスタンで育った。暗号資産(仮想通貨)に懐疑的で、監督強化に意欲を見せている。

 就任には議会上院の承認が必要。ホワイトハウスは「オマロバ氏が承認されれば、女性かつ有色人種として初めてOCCトップに就任することになる」としている。オマロバ氏は弁護士として活動した後、2006~07年に米財務省で金融機関への規制に関する特別顧問を務めた。

 オマロバ氏は米紙ニューヨーク・タイムズに「承認されれば、銀行が安定した強さを保つよう努力する」とコメントした。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus