有機食品、健康効果に疑問の声 農薬影響はごく僅か「気にするほどではない」

提供:ブルームバーグ

 あなたが子供を持つ親であれ、環境保護主義者であれ、単なるやかまし屋の買い物客であれ、スーパーの青果売り場で「有機栽培のものを買うべきか?」と悩んだことがあるはずだ。農家が虫よけなどのために使う恐ろしげな化学薬品については、誰もが耳にしている。少し高い値段を払えば、「無農薬」という心の平穏を手に入れることができると、誰でも考えがちだ。有機農産物の収益はこうした消費者の恐怖心により押し上げられている。

 恐怖心から買い控え

 米環境保護団体エンバイロンメンタル・ワーキング・グループ(EWG)は3月上旬、農産物の農薬含有量に関する年間ランキングのベスト15(クリーンな15種)とワースト12(汚染された12種)を発表した。消費者は、自分が好きな果物が汚染された12種に入っていた場合は有機農産物の購入を検討するといった形で、このリストを利用できる。

 今年のランキングでは、サンプルの98%以上で残留農薬が検出されたイチゴとホウレンソウが汚染された12種のトップ2を占めた。イチゴのあるサンプルからは20種類の農薬が検出され、ホウレンソウのサンプルには他の農産物の平均2倍の農薬が残留していたという。

 EWGは、有機栽培でない普通の農産物を購入する際にはクリーンな15種を選ぶよう勧めている。スイートコーンやマンゴー、ナス、キャベツといった農産物は、残留農薬の量が少なく濃度も低かった。リストを参考にすれば、安全に節約している気分になれるかもしれない。例えば、もともと高価なアボカドはサンプルの1%からしか農薬が検出されておらず、さらに高い値段を払って有機栽培のものを選ぶ必要はなさそうだ。

 だが、この年間ランキングは複雑な問題を単純化し過ぎていると、農薬や毒物学の専門家は指摘する。農薬が残っていたからといって、リンゴが危険だとは限らない。一方、EWGの調査はより重要な問題をあいまいにしてしまうと批判する人もいる。米国人はもっと多くの野菜や果物を食べるべきだが、残留農薬の恐怖をあおる有機農産物の宣伝により、一部の消費者は果物や野菜を買い控える可能性があるからだ。これでは健康的とはいえない。

 農薬影響はごく僅か

 カリフォルニア大学デービス校で食品安全プログラムのディレクターを務めるカール・ウィンター氏も、批判的な見方をする一人だ。同氏は2011年に共同執筆した論文の中で、汚染された12種を通じて消費者が接触した農薬量は無視できるレベルだと結論づけた。さらに、有機農産物にも多少の農薬が残留していることが分かり、著者らはEWGの方法論を「確立された科学的手法に沿ったものとは思われない」と論じている。

 例えば、EWGは10年にピーマンから高濃度の有機リン系農薬メタミドホスが検出されたと報告している。有機リン系化合物は非常に危険で、軽い中毒でも嘔吐(おうと)や胸部圧迫感を引き起こす恐れがあるが、ウィンター氏が確認したところ、EWGが報告したピーマンの残留農薬は米環境保護局(EPA)が規定した基準用量(毒物の許容できる経口摂取量)の約50分の1であることが分かった。

 一方、EWGの主張を一部支持する研究報告もある。11年には、有機リン系化合物にさらされた胎児の神経発達に平均7%の知能指数(IQ)低下など、明らかな影響があったことを示す論文が3つ発表された。15年には、普通の農産物を摂取している消費者と有機農産物を摂取している消費者の尿に含まれる有機リン系副産物を比較した別の研究結果が報告された。副産物の濃度は予想通り、有機農産物の支持者で低かったが、同報告の筆頭著者であるボイシ州立大学のシンシア・カール准教授は、有機農産物を摂取する方が健康的であるという確かな証拠はないと述べている。

 同氏は「有機食品を摂取すれば、有機リン系化合物にさらされる機会は劇的かつ即座に減少するが、それだけで健康に目に見える違いがもたらされるかどうかは分かっていない」と指摘する。つまり、農薬がまかれた場所で働くことと、農薬が僅かに残った果物や野菜を、洗ったり調理したりした後で食べることは、同じではないということだ。

 有機農産物も風や用水の影響で「不用意に汚染」され、残留農薬が検出される場合もある。カリフォルニア州農薬規制局の10年の調査では、有機農産物137件のうち14.6%で残留農薬が見つかった。ウィンター氏は「化学物質に関する私たちの一般的な曝露(ばくろ)量は、多くの場合、動物実験で生涯日常的に摂取しても影響がないことが確認された量の10万分の1ほどだ」と説明した上で、「有機農産物の残留農薬は普通のものより少ないが、どちらも気にするほどではない」と結論づけている。同氏によれば、許容水準は長期的な蓄積による影響も考慮して規定されているという。(ブルームバーグ Deena Shanker)

Read more