大規模災害、上空から状況把握

ドローンタイムズ
離陸した有線ドローン「パーク」と、撮影した映像を中継する指揮車両=8月29日、前橋市の北消防署白川分署

 ■前橋で「空撮ライブ中継システム」実証実験

 防災、防犯に空から取り組む機運が高まる中、ドローンの台頭がめざましい。前橋市の消防局では住宅密集地の火災や大規模災害時などに被害状況を把握するため、ドローンが上空から「移動火の見やぐら」として見守り、現場映像を送り届ける「空撮ライブ中継システム」の実証実験が行われた。実験にはケーブルのつながっている有線ドローンが使われ、飛行の安定性や送られてきた映像が表示される様子などが公開された。(田中亘)

 実験は、システムソリューションなどを手掛ける理経(東京)の「有線Droneを利用した移動型火のみやぐらとG空間システム連携の研究」の一環。この研究が、総務省消防庁による「消防防災科学技術研究推進制度」の平成29年度新規研究課題に採択され、今回、実験が行われることになった。

 研究は有線ドローンに搭載したカメラでの空撮と、移動中継車によるFWA(有線ではなく無線を使用するデータ通信サービス)での通信を併用し、現場映像を「G空間情報」と呼ばれる災害対策情報の共有システムで表示する内容。会場となった前橋市消防局北消防署白川分署では、研究の関係者のほか、全国の消防局や自治体関係者が実験を見守った。

 実験に使われた有線ドローンは、ドローン事業を展開する田中電気(東京)がモトローラ・ソリューションズ(東京)とともに、米CyPhyWorks(サイファイ・ワークス)から輸入した「PARC(パーク)」。雨や雪でも飛行が可能な全天候型の飛行ロボットで、7日間の連続運用が可能だ。

 防弾チョッキにも用いられる素材で作られたマイクロフィラメントテザーというケーブルがつながっていて、電力の供給と、機体とのデータ通信の両方を行う。機体の6本のアームは脱着がワンタッチで、組み立てや分解が容易な点も特徴だ。

 会場に置かれたパークは、122メートルのケーブルの巻き取り装置であるスプーラーと、200ボルトの電力を1070ボルトに昇圧して給電する電源装置とつながっている。実験では、指令席のPCでコマンドを出すと、指示通りの高度まで上昇した。上昇後は、地上のスプーラーが常にケーブルを張るため機体は地上から引っ張られた状態で安定し、離陸した地点からほぼ真上にとどまっていた。

 周囲の様子を確認するには、機体を移動させる代わりに、搭載しているカメラの向きを変える。モニターにはカラーで鮮明な映像が届いた。田中電気の担当者は、有線ドローンについて、移動の自由がないかわりに高度な操作技術が不要であることを特徴にあげた。

 ケーブルでの給電が途絶えても、機体に内蔵されたバッテリーで自力で着陸できることも特徴だ。実際に電源装置の「緊急停止」ボタンを押し電力の供給を停止させると、機体が自力で着陸した。

 前橋市消防局では、今後も実用化を視野に、寒冷時の飛行や、夜間での赤外線カメラによるモニタリングなどの実験を行う計画だ。